警告灯放置で車検受けられない!変更箇所とその理由とは?

自動車の車検審査が2月から変更され、運転席のメーターパネルにある警告灯が点灯している車の検査は受け付けてもらえないことになるそうです。

一見「当たり前」のように思っていましたが、今まではそうでもなかったようですね。

実際に車検の現場を知っている人ならばわかることかもしれませんが、私のように車検は業者さんにお任せする人がほとんどでしょうから、何がどう変わるのかピンと来てないでしょうね。

スポンサーリンク
Sponsored Link

警告灯

車のメーター部分には、各部の状態を確認するための

警告灯

がたくさん付いています。

そもそも警告灯は走行に関わる異常や故障、正しい操作をなかった場合など

運転者へ注意や警告を示す

目的を持っています。つまり、これが点灯していると言うことは

  • 異常や故障の発生
  • 正しくない操作

が発生していると言うことなのですね。

この警告灯、世界基準で規格化されていて外車に乗っても直感的にわかるようになっているそうです。国産車に至ってはほとんど同じデザインの警告灯がついているんだとか。

制度の変更

2017年2月より、運転席のメーターパネルにある警告灯が点灯している車の検査は受け付けてもらえないことになりました。これは、逆に言えば

今までは点灯していても車検に通った

と言うことですよね?

独立行政法人の自動車技術総合機構によれば

異常等が生じている自動車については修理後に審査することを明確にするため、「審査時における車両状態」として以下の事項を規定しました。

平成29年2月以降、これに該当しない受検車両については審査を行いませんので、確実に修理した後に検査コースに持ち込んでいただきましようよろしくお願いいたします。

と言うことになりました。そして、該当する警告灯は以下です。

車検項目が変わる?現状の項目と追加される項目について

エアバック

エアバッグシステムの作動に異常があった際点灯します。

(前方のエアバックおよび側方のエアバック警告灯が点灯または点滅していないこと)

ブレーキ

ブレーキ警告灯はパーキングブレーキが作動状態にあるときに点灯します。これ自体は異常ではありませんが、ブレーキオイルが不足しているとき、ブレーキ油圧やABS、ブレーキブースターに異常が発生したときなどの点灯は非常危険ですので、早急に修理が必要です。

ABS

急ブレーキの際などブレーキをロックさせないための機能であるABSにエラーが起きている場合に点灯します。

原動機

エンジンの制御系などに何らかのトラブルが生じていると点灯します。

変更された理由

このように制度が厳しくなった理由として

同機構によると、エンジンが動いている状態で、前方エアバッグ▽側方エアバッグ▽ブレーキ▽ABS▽原動機--の警告灯が点灯・点滅したり、警報ブザーが鳴ったりしたままの車については、2月から車検の審査を行わない。このため、車検が受けられなくなる。

これらの警告灯は、ブレーキなど安全性に関わる重要な故障を抱えた可能性も否定できないことや、安全に対する社会的機運の高まりもあるので、厳密にチェックすることになったという。

毎日新聞より引用

と報道されています。安全に対する要求が日々高まってきた結果と言うことでしょうね。

これまでの検査

ちなみに、これまでは警告灯が点灯・点滅していても通っていたと読み取れますが、どうしてなのでしょうか?

警告灯は、エンジンをかけるとすべて点灯し、数秒後にすべて消灯するようになっています。

従来の車検では、エンジン始動直後にこれらの警告灯がすべて点灯するかを検査していたそうです。逆にエンジン始動直後に警告等が点灯しない場合は、検査に不合格になる場合があります。そして、検査している項目が

エンジン始動直後に警告灯がすべて点灯するか

と言う点だったので、点灯しっぱなしであっても「点灯」には違いないので検査が通っていたと言うことらしいのです。

しかし、それでは異常を放置もしくは黙認したと言われかねないこともあるのか、警告灯が点灯もしくは点滅している状態は異常であるから、正常な状態にしたうえで検査しなさいと言っているのですね。

その他の警告灯

車には上記以外にも警告灯があります。

排気温警告灯

排気温警告灯は、触媒装置がオーバーヒートして異常に高温になった場合に作動します。

この警告灯が点灯した場合はすぐに走行を中止する必要があります。

充電警告灯

バッテリーの充電に異常がある場合に点灯します。オルタネータの異常やベルトなどに異常が考えられます。

油圧警告灯

エンジンオイルが不足している際に、こちらの警告灯が点灯します。

AT警告灯

ATフルードがオーバーヒートしているときに異常を感知して点灯します。

フューエルフィルター警告灯

燃料からごみや汚れを取り除くためのフィルターです。ここに水分が混入した際、この警告灯が点灯します。

まとめ

車検を受ける際の車の状態が正常であることが前提・・・と言う、ごくごく当たり前のようなお話でした。また、車の警告灯は目にしてはいるものの、実際に異常を検知して点灯した経験があまりないので、じっくりとその意味について考えたことはありませんでした。

今回は、そんな意味でも良い勉強になりました。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!