車のナビはスマホで十分なのか?それとも専用機が良いのか?

これから車を購入しようと考えている方もたくさんいることと思います。

その時に、今や必需品となった

カーナビゲーション

をどうするか?悩むことになりそうですよね。

特に中古車なんかだと、カーナビが付いているかいないかで値段も違います。ただ、新しいものをつける必要があるか?と言えば、それも?です。

スマホで良いのか?専用機が良いのか?

ちょっと調べてみました。

スポンサーリンク
Sponsored Link

カーナビゲーション

今や当たり前のようになったカーナビゲーションですが、開発当初は相当な苦労があったそうです。そもそも電子地図がなかった時代ですから、地図を作るところから始めたんです。カーナビと言えばGPSですが、当時はまだGPSは一般に開放されていないアメリカの軍事技術でしたから、カーナビの精度は今とは比べ物にならないほど悪かったのです。

しかし、GPS技術が民間に開放されたことで精度が上がり実用化されたと言う歴史があります。

カーナビの効能

このカーナビが世の中に普及したことで、目的地までの移動が飛躍的に楽になりました。これは私自身もカーナビを取り付けた時に実感したことですし、おそらくみなさんもそうではないでしょうか?

カーナビがない時代は、ドライブ用の地図が日本を幾つかの地域に分けたかかち(例えば北海道版とか関東版とか)で売られていましたが、それを片手に(あるいは助手席の彼女や奥様にナビゲーター役をお願いして)運転するのが当たり前だったのですが、一番の問題が

現在地の把握が難しかった

と言うことです。今自分が何処にいるかがわからなければ、ナビもへったくれもないですから。そして、女性は割と方向音痴の場合が多く、ナビゲーターには向かない場合が多かったです。

それを一発解決したのがカーナビだったのです。

カーナビがなかった時代のナビはどうしてた?必携の道路地図

スマホか専用機か

前置きが長くなってすみませんでした。それでは本題に入りましょう。

そのカーナビも今や専用機だけでなく、スマートフォンやタブレットなどの機器にインストールして使うアプリが用意されている時代になりました。アプリにしても、特に機能を求めなければ、GoogleマップやYahooマップなどのアプリをそのまま使うことでナビが可能です。

より高機能なカーナビアプリも無料から有料のものまでたくさん存在していますが、果たして専用機とどっちが良いのでしょう?

双方のメリット比較

では、スマホアプリと専用機それぞれのメリットを比較してみたいと思います。

スマホ(タブレット)アプリのメリット

  1. 費用が安く済む(スマホと通信料、有料アプリなら利用料だけ)
  2. アプリの乗り換え自由(使い勝手の良いアプリに変更可能)
  3. 持ち運び自由(そもそも携帯電話って言うくらいなので)
  4. 設置が簡単(置くだけもしくは専用のスタンドにセットするだけ)
  5. 地図データは常に最新(通信しながらデータを利用するので)
  6. 渋滞情報も最新(これも通信しながらデータを利用するので)

と言ったところが挙げられます。

とにかく、無料アプリを利用すれば基本的に導入経費はゼロってことになります。

要はタダ

です。普段は連絡用のスマホをドライブの時だけナビとして使うわけですからね。これ以上のメリットはないかもしれません。

カーナビ専用機のメリット

一方のカーナビ専用機ですが、こちらのメリットも見てみましょう。

  1. 位置情報が正確(GPSだけでなく自立航法で位置精度は抜群)
  2. 画面が大きく見やすい(画面も取り付け位置も見やすさを考えてある)
  3. 操作性が高い(手が届く範囲やリモコンなど使い勝手が考えられている)
  4. バックモニタやETCなどと連動している(便利機能として複合化している)
  5. 通信型のものを使えばスマホとそん色ない情報が使える

と言ったところでしょうか?

どんな機器もそうですが、やはり

それ専用に作られたものは優れている点が多い

と言えるでしょう。

双方のメリットを比較すると

簡易性がスマホで、使い勝手は専用機

って言う感じかな?って思います。

双方のデメリット

それでは、同様に双方のデメリットも比較してみます。

スマホ(タブレット)アプリのデメリット

  1. 電波の届かないところでは使えない
  2. 位置情報がGPS頼りなので場合によっては不正確になる
  3. 画面が小さい(スマホ)ので見にくい
  4. 画面が小さい(スマホ)ので操作しにくい
  5. 音声案内が聞きにくい
  6. バッテリー消費が激しい
  7. 途中で電話がかかってくるとナビが中断する

と言うことが挙げられます。画面の大きさに関しては、大きめのタブレットを利用して解決している友人もいますが、あまり大きくし過ぎるとジャマになる場合もあるので要検討ですね。

位置情報に関しても、有料アプリを使うことでGPS以外のセンサーを利用して位置情報を補完するものもあるので、ある程度はカバーできるかもしれません。

カーナビ専用機のデメリット

  1. カーナビ本体が高価である
  2. 地図がリアルタイムではない
  3. 地図更新に費用がかかる
  4. 取り付けが大変(普通は装着済か、お店で取り付けてもらうが)

と言ったところでしょうか?

ここで問題になるのはズバリ

費用面(購入費・地図更新などの維持費)

と言うことでしょう。

まとめ

これまで見てきた比較からわかることは

何を基準にして選ぶのか?

と言うことで結果がかわってしまうことです。手軽さなどを主としたならば

スマホアプリ

と言うことになるでしょうし、使い勝手や機能を主とした場合は

カーナビ専用機

と言うことになるのではないでしょうか?

ただ、個人的に思うのは、カーナビゲーションを車に常設して利用するのであれば、やはり

カーナビ専用機に軍配が上がる

のではないか?と考えます。専用機はあらゆることを想定して作られていますから、使いにくいはずがありませんもんね。

そうそう、スマホを利用する場合はスマホホルダーが必要ですよ。どこに取り付ければよいかなども「スマホホルダーの違反にならない取り付け位置とおススメ5選」で解説しています。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!