給油口が右と左どっちかわかる?左右別々にある理由とは?

そろそろガソリン入れなきゃなーって思っていて、ガソリンスタンドに入ろうとしたときに

「あれっ?俺の車の給油口ってどっちだっけ?」

って焦ることってありませんか?

特に自分の車ならばだいたい覚えてくるものですが、レンタカーとか友人の車を運転している時とか、会社の車とかだととっさに判断できないですよね?

でも、あわてなくてもすぐにわかる方法があるんです。

スポンサーリンク
Sponsored Link

給油口の位置

給油口は、ガソリンや軽油などを車に補充するための補給口です。

でも、この給油口が右側にあったり左側にあったりと、車によってバラバラなんですよね。

これって何か意味があるんでしょうか?

マフラーと逆位置

車に投入される燃料は主にガソリンや軽油など揮発性の強い液体になります。とても危険な物質であると言えます。

これを車に補給する口は、なるべく発火する可能性の低いところにしたいのが人情?ってものです。特に、車に給油する場合はガソリンスタンドまで走行して行くことになるので、車自体は熱をもっています。特にエンジンの排気ガスを排出するマフラーは高温になっています。

そんな危険なマフラーから遠ざける意味で、現在国産の自動車は

マフラーの反対側に給油口がある

と言うのが一般的になっています。

素早く左右見分ける方法

「そんなこと言ったって、給油口の位置がわからないのにマフラーの位置なんて知ってるわけないだろ!!」

って怒られてしまいそうですね。

はい。まったくもってその通りです。すみませんでした。

では、もっと簡単に素早く左右の位置を見分ける方法はないのでしょうか?

ありました!!

燃料計のマークを確認

運転席にある各種メーターの中で燃料計がありますよね?

この燃料計に答えがバッチリ書かれていました。

今の車ならば、ほとんど燃料メーターに給油マークと一緒に△マークが描かれています。

この△が指す方向に給油口があるんですね。

写真にも記入しましたが、矢印が左ならば給油口は左にありますし、右ならば給油口は右にあると言うことです。

どうですか?簡単ですよね?

2000年頃から採用された

この燃料計に給油口の矢印を表示したマークですが、古い車にはないことが多いです。調べてみると

おおよそ2000年頃にユニバーサルデザインとして採用された

と言うことがわかりました。ですので、それ以前の車の場合は△矢印がないのです。

こんな感じですね。昔はみんなこうだったと思います。

メーカー別給油口の位置

給油口の位置はメーカーによって特徴があるのでしょうか?

調べてみると、だいたいメーカーによって特徴があるようです。

トヨタ

ほとんどが左に給油口があるようです。一部の車種(ランドクルーザー、ラッシュ)では右に給油口がある場合もあります。

日産

ほとんどが右に給油口があるようです。ですが、こちらも車種によっては左に給油口がある場合があります。(特に軽自動車は左にあるものが多い)

ホンダ

ホンダ車はほとんどが左に給油口があります。(バモス、アクティ、バモスビオは右にあります)

マツダ

マツダ車もほとんどが左に給油口があります。(ビアンテ、アクセラ、プレマシーは右にあります)

三菱

三菱車は右と左が半々くらいだと言うことです。三菱車の方は要確認ですね。

スバル

スバル車はほとんどが右に給油口があるようです。

ダイハツ

ダイハツ車はほとんどが左に給油口があるようです。

スズキ

スズキ車はほとんどが左に給油口があるようです。

外車は統一されている

外車(輸入車)は給油口がメーカー毎に統一されているようです。

  • ベンツ:右(Vクラスは左)
  • BMW:右に統一
  • アウディ:右に統一
  • ポルシェ:右に統一
  • ボルボ:右に統一
  • フィアット:右に統一
  • アルファロメオ:右に統一
  • ルノー:右が多い
  • ミニ:左に統一
  • フォードは左右の決まりはないようです

まとめ

給油口の位置が左右バラバラなのはマフラーの位置が関係していたんですね。聞けば納得ですが、知らなかったですねぇ。

でも、燃料メーターを見れば給油口がどっちにあるかわかるので、これからは慌てなくて済みますね。

日本のメーカーも、外車のように統一してくれるとわかりやすいのですけどね。そんな方向に行ってるのかもしれませんね。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!