車のスピードメーターが180キロまである理由を知ってる?

車のスピードーメーター(速度計)を見ると

180Km/hまで設定されている

ことに気づきます。でも、これって不思議ですよね?

だって、日本では180Kmなんてスピードを出すことってないと思いませんか?

スポンサーリンク
Sponsored Link

スピードメーターの謎

車のスピードメーターとは、その名の通り

車のスピードを表示するための装置

です。今何キロで走っているのかを知るためのものですね。

日本の車は、このスピードメーターが180キロまで設定されています。もちろん、全ての車がそうだと言う訳ではなく、軽自動車は140キロまでです。

しかし、いずれも日本の国内では

必要のないスピード

であることには変わりありませんよね?最もスピードの出せる高速道路であっても、法定速度は100キロなんですから?

日本の法定速度

ついでと言っては何ですが、日本の国内における車の法定速度を見てみましょう。

  • 大型乗用自動車:一般道は60Km/h、高速道路は100Km/h
  • 普通乗用自動車:一般道は60Km/h、高速道路は100Km/h
  • 軽自動車:一般道は60Km/h、高速道路は100Km/h
  • 大型自動二輪:一般道は60Km/h、高速道路は100Km/h
  • 普通自動二輪:一般道は60Km/h、高速道路は100Km/h
  • 大型貨物自動車(最大積載量5,000Kg以上の貨物自動車):一般道は60Km/h、高速道路は80Km/h
  • 三輪の普通自動車:一般道は60Km/h、高速道路は80Km/h
  • 大型特殊自動車:一般道は60Km/h、高速道路は80Km/h
  • けん引自動車(トレーラー):一般道は60Km/h、高速道路は80Km/h   

上記は、自動車の場合に適用される法定速度です。

一般道で時速60キロまで、高速道路でも時速100キロが最高です。

180キロまで設定されている理由

では、なぜ180キロまで表示されているのでしょう?

まず、決めごととして

日本自動車工業会で普通自動車のメーターは180キロ

と決めていることがあります。ですから、日本で作られる普通自動車は全てスピードメーターが180キロまで設定されているのです。(軽自動車は140キロ)

では、そのように決めた理由があるはずですが、それはどんな理由なのでしょうか?

180キロ出る性能が必要

一つは、法定速度が100キロであっても、様々な環境や条件を考えた場合

  • 車は180キロの速度を出せるだけの性能が必要である

と言うことです。

車が走る道路は平坦な舗装路ばかりではなく、急な坂道もあるでしょう。また、車に乗るのは人だけじゃないでしょうし、いつも一定の重量で走る訳ではありません。

例えば、高速道路で坂道を100キロで上るには、平地で100キロのパワーでは足りませんので、それ以上のパワーが必要です。

同じく、体重が60Kgの人が一人で車に乗る場合と、体重100Kgの人が5人乗っている場合でも、100キロで走るパワーが違ってきます。

そのような条件や環境に対応できるように、180キロと言う基準が決められているのです。

緊急時の対応のため

車で走行中、自然災害などが発生してしまい、それらから逃れるために法定速度以上のスピードを出さなければならない可能性があります。そのような事態を想定し、法定速度以上の速度が出るように設計されているのです。

国際競争力

車は日本の重要な産業であり、日本車は多くが海外へ輸出されています。

日本の法定速度は最高100キロですが、それは公道での話です。サーキットや私道では適用されません。また、海外でも法定速度は様々です。

輸出仕様のスピードメーターを用意しているメーカーもあるようですが、基本的にはコストや手間を考慮して国内向けも輸出モデルも同じものを使うようにしているようです。そのため、日本のスピードメーターも国際基準に合致した仕様で作られています。

逆に、ドイツやアメリカ車などを輸入した場合でも、スピードメーターはそれぞれのお国のままで、200キロとか300キロになっています。

車の性能に合わせて進化

もし、スピードメーターを100キロまでとしましょう。しかし、車の性能は常に向上しているので簡単に100キロ以上は出てしまいます。100キロのメーターだったら振りきれてしまって今何キロで走っているのかがわからなくなりますよね?

当たり前の話ですが、スピードメーターの役割は

正確に今のスピードを確認するためのもの

です。そんな理由もあり、180キロまで設定されているのです。

ちなみに日本の自動車は180キロ以上のスピードを出せる性能を備えています。ですが、自主規制により180キロでリミッターが作動するようになっているのです。

まとめ

法定速度とスピードメーターの設定は、単純に比較して

「これっておかしいんじゃないの?」

と言う話ではありませんでしたね。180キロ出せるだけの性能があって、あらゆる場面で安全に走行できたり、余裕が出たりする。それを見込んだ180キロなんですね。

とは言え、日本では法定速度がありますから、180キロ出せるからと高速道路なんかでぶっ飛ばさないでくださいね。速度超過で取り締まりにあっても知りませんよ!!

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!