高速道路の渋滞発生原因と運転による予防はできるのか?

今や日本全国を高速道路網が伸び、何処へ行くにも大変便利になりましたよね。

その反面、年末年始やお盆などの帰省ラッシュをはじめとして、ゴールデンウィークやシルバーウィークなどの大型連休などでも多くの渋滞があちらこちらで発生します。これは困りものです。

今回は

高速道路の渋滞発生原因と運転による予防はできるのか?

について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク
Sponsored Link

高速道路の渋滞

高速道路での渋滞には幾つかの理由(原因)がありますが、そもそも渋滞とはどう言った状態を指すのかについてNEXCO西日本のHPより定義を引用すると

NEXCO西日本の高速道路における渋滞とは、時速40km以下で低速走行、あるいは停止発進を繰り返す車列が1km以上かつ15分以上継続した状態を指します。

とあります。停止しなくても時速40Km以下(いわゆるノロノロ運転)で走っている状態が1Km以上の車列を作り、それが15分以上継続したら渋滞と呼ぶのですね。

渋滞の種類

渋滞にも種類があります。主に発生した原因によって変わると思えるのですが

  1. 交通容量以上に交通が集中することにより発生する「交通集中渋滞」
  2. 工事の規制に伴って発生する「工事渋滞」
  3. 交通事故によって発生する「事故渋滞」

NEXCO西日本HPより引用

の3種類があり、最も多いのが1の交通集中渋滞で、全国で発生する渋滞の64%を占めるのだそうです。

渋滞発生の原因

では、その渋滞はどのように引き起こされるのでしょうか?

サグ渋滞

道路交通情報などを聞いていると、高速道路で発生する渋滞はいつも同じ場所が多いですよね?これは、その場所が

渋滞を発生させる原因となる環境

だと言うことなのですが、その中で多くの要因となるのが

サグ渋滞

と呼ばれるものです。主な発生個所を見てみると

  • 東名(上下線)/大和トンネル
  • 中央道(上り)/小仏トンネル
  • 関越道(上下線)/花園IC付近
  • 東北道(下り)/上河内SA付近
  • 名神(上下線)/高槻バス停付近
  • 中国道(上下線)/宝塚トンネル

などで、「小仏トンネルを先頭に50Kmの渋滞が…」と言うニュースを聞いたことがあるでしょう。その原因として高速道路の地形が大きく関わっています。

※動画出典:NEXCO西日本HP

図のように、道路がくぼんだ場所で下り勾配から上り勾配に変わる区間を「サグ」と呼びます。この場所に差し掛かった車は登りこう配になったことに気づかずに、速度が低下してしまいます。すると、後続を走っていた車は車間距離が詰まってくるためにブレーキをかけます。さらにその後続車は、前方の車がブレーキをかけたので自分も追突しないようにブレーキをかける…と言う連鎖反応が起き、後ろに行けば行くほどブレーキによる減速が大きくなって渋滞が発生する…と言うのが原理となります。

トンネル渋滞

基本的なメカニズムはサグ渋滞と同じですが、トンネル(特に内部照明が暗い圧迫感を感じるトンネル)に入った場合に一時的に速度が低下してしまうことがあり、後続車との車間距離が詰まっていき、連鎖的なブレーキ操作を誘発することで渋滞となります。

※動画出典:NEXCO西日本HP

インターチェンジ合流部渋滞

インターチェンジから本線へ合流する車が、本線上の車の流れを妨げる形になってしまいます。これによって危険回避のために後続車両はブレーキ操作を行い、それが連鎖して渋滞となります。

※動画出典:NEXCO西日本HP

料金所渋滞

料金所で通行料の支払いのために一旦停止することで発生する渋滞です。交通量が多ければ多いほど発生する確率が高くなります。

※動画出典:NEXCO西日本HP

その他渋滞

これまでの原因に含まれない要因による渋滞です。

渋滞の対策

これらの渋滞に対して、高速道路各社はあらゆる対策を実施しています。その典型的なものが

ETC:Electronic Toll Collection System (ノンストップ自動料金支払いシステム)。車両に設置された車載器にETCカードを挿入し、有料道路の料金所で一旦停止することなく、設置されたアンテナ との無線通信により、自動的に料金支払いを行うシステム

ではないかと思います。これによって大きく渋滞が改善された実績があります。

また、サグ部などは事前に標識を設置して速度低下を招かないように啓蒙したり、トンネル入り口部などの照明を明るくするなどの対策を講じているそうです。さらには、インターチェンジからの合流部は車線を増やしたり、ランプ形状を見直したりなどの改良も行われているそうで、渋滞解消(緩和?)に向けた努力は日々続けられているのですね。

私たちにできること

それでは、最終的に渋滞を起こさないように私たちにできることはないのでしょうか?

渋滞が発生するメカニズムはどのケースにおいても

  1. 原因となる車(速度低下車や合流してきた車など)
  2. 後続車が危険回避のためにブレーキ操作
  3. その後続車がさらにブレーキ操作
  4. 以後、後続車が次々とブレーキの連鎖

と言う過程を経て発生していました。ブレーキを踏むから渋滞が起こるのであれば、ブレーキを踏まなければ良いわけですよね?

であれば、前方に速度低下の車がいても、合流してきた車がいてもブレーキを踏まなくて済む運転方法を行えば良いのではないでしょうか?

それは

  • 十分な車間距離を保った運転
  • 制限速度を守った運転

と言うことではないでしょうか?

車間距離を保っていれば、前の車がブレーキを踏んだとしても自分はアクセルをはなして減速する程度で対応可能かもしれません。そうすれば、自分の後続車には大きな減速操作を行わせる必要がなくなるかもしれません。

制限速度を守っていれば、そもそも前の車が減速しても大した問題にならないかもしれません。速く走り過ぎていればいるほどブレーキを強く踏む必要がありますし、減速度合が大きくなり、渋滞の原因となってしまいます。

まとめ

高速道路における渋滞は、環境要素が大きいことがわかりました。しかし、それらに対して高速道路各社も対策を施しているので、徐々に渋滞も解消(緩和)されているようです。

しかし、渋滞を発生させない最大の要因は、私たち運転者が十分な車間距離を保ち、速度を出しすぎないようにして安全運転に心掛けることなのだと思います。

便利で速いはずの高速道路が、渋滞で使い物にならないと言うのは困った話です。少しでも渋滞を緩和できるように、高速道路での運転方法を見直してみましょう!!

それでも渋滞にはまってしまったら、「高速道路の渋滞!どの車線にいるのが一番早いのか?」を参考にしてみてください。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!