車検はなぜあるの?制度が持つ意味のウラ・オモテとは?

車には「車検(しゃけん)」と言う制度があって、一定期間毎にディーラーや整備工場に車を点検整備してもらわなければなりません。そして、車検証とシールをもらって普通に走ることができるようになるのですが、そもそも

車検ってなぜあるの?

って疑問と、車検制度の意味について、本音?とタテマエの両面から攻めてみたいと思います。

スポンサーリンク
Sponsored Link

車検制度

日本における車検制度は1930年から始まりました。当時はバスやタクシーと言ったお客を乗せる車の安全性を確保すると言う目的から制度化されました。

この「車検」と言うのは一般的な呼び名でして、正式名は

自動車検査登録制度(じどうしゃけんさとうろくせいど)

と言います。日本におけるモータリゼーション社会の到来によって車が普及し始めた1951年に制度が義務化され、1973年には軽自動車にも適用されました。

車検制度の概要

自動車は道路運送車両法により、登録を受けなければ運行してはならないことになっています。それには、車が一定水準の安全性を確保しているかどうかが確認される検査が行われ、それに合格した車両だけが公道を走ることができます。

この検査のことを一般的に車検と呼びます。検査にもいくつかの種類がありますが、私たちが車検と呼ぶ場合は、既に車を利用している状態ですので

  • 継続検査:使用中の自動車の自動車検査証の有効期限を延長させる検査

のことになります。その有効期間は車種などによって違いがありますが、普通乗用車や軽自動車などの場合は新車時(新規登録時)は3年で、それ以降は2年です。

車検証の見方は知ってる?車の情報がまとめて記載されています

自賠責保険

この車検制度では1955年に義務化された

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)

に加入している必要があります。これは、車が普及したことに伴って事故も増加したことにより、被害者救済のために設けられたものです。

任意保険は入らないとダメなの?自動車保険の必要性について

車検時の費用

最も関心が高いのが車検の費用かと思います。

車検を受ける際に必要な費用は

  1. 車検手数料
  2. 自動車損害賠償責任保険料の2年分
  3. 自動車重量税
  4. ディーラーなどでの整備点検費用

になりますが、4の整備を自分で行う「ユーザー車検」の場合は1~3までとなります。車検費用が大きく変わる要素は4だけ…と言うことになりますね。

なぜ車検があるのか

前置きが長くなりました。本題です。

では、なぜ車検制度があるのか?について考えます。

オモテの理由

車はとても便利な乗り物であり道具ですが、一歩間違えば人を傷つけたり殺傷してしまう凶器となります。その原因が車両の整備不良であったら被害にあった方は果たしてどう思うでしょうか?

元々が「安全性を確保するため」と言う目的で制定されているのですから

ルールによって定められた安全性を満たしている車だけが世の中を走行することができる

と言うこと。すなわち

車検=安全

と言う図式がオモテの理由になるでしょうか。

注意すべきこと

ただし、ここで注意しなければならないのは

車検は単に必要最低限の機能がその時点でOKか

を判定するだけのものなので

車検に合格したから安全である

と言うのは過大評価です。また、車検と整備点検は別物です。

一般的には、車検と言うとディーラーや整備工場などへお願いして、整備点検とセットで受けるものになっているため同一視してしまいがちですが、車検自体は通ってしまえばその後ブレーキが利かなくなろうがエンジンが壊れようが関係ありません。

そのような意味からも、車検=安全と言うのは過大な評価であると言えるでしょう。

車検証の所有者がディーラーなのはなぜ?変更することは可能か?

ウラの理由

実のところ、これが一番大きいと思うのですが

税金を定期的に徴収するため

と言うのが車検制度の本当の理由かと思います。

車検時に必要な費用は、税金や自賠責保険の費用です。車を乗り続ける限り車検を通さなければなりませんので、一定期間毎に税金が徴収できます。また、それに係る関係機関も必要になります。陸運支局などがそうですが、それが天下りの受け皿になっていたと言うのもあるのだと思います。

税金は取りやすいように仕組みを作ることが重要ですから、この車検制度は良くできた制度だと思います。

海外にも車検はある

車検制度は日本だけのようなイメージがありますが、海外でも同様の制度が導入されています。

  • ドイツ:最初の車検のみが購入から3年後、その後は2年
  • フランス:購入して最初の車検は4年後、その後は2年
  • イギリス:新車購入から3年後に初回、その後は毎年車検を受ける制度
  • アメリカ:州ごとに違うが、ニューヨーク州は車を買って1年後から毎年車検が義務

どの国も車検制度を運用し、整備不良の危険な車が世の中を走らないようにしています。税金徴収制度なのかどうかはわかりませんけど…。

まとめ

車検制度とは、自動車検査登録制度(じどうしゃけんさとうろくせいど)のことで、安全性を確保するために一定の基準を満たした車だけが公道を走るための制度であることがわかりました。

ですが、日本の場合は車検費用の多くが保険(自賠責)や税金であることによって、費用が高いイメージになっています。さらに、このことから車検制度がある理由は「税金徴収システム」の意味合いが強いと言うこともわかりました。

とは言え、車検はとても重要な制度です。絶対に受ける必要がありますので、あとは信頼の出来る整備工場やディーラーを見つけて、少しでも安く受けられるのが理想ですよね?

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!