スズキワゴンRのCMに広瀬すず!マイルドハイブリッドって?

スズキは「ワゴンR」「ワゴンR スティングレー」をフルモデルチェンジして2月1日に発売しました。

そのCMに出演しているのが、超売れっ子の広瀬すずさん。昨年の大河ドラマ「真田丸」に出演していた草刈正雄さんも一緒です。

スポンサーリンク
Sponsored Link

スズキワゴンR

スズキと言えば日本の四輪車および二輪車のメーカーで、1909年に「鈴木式織機製作所」として創業し、1950年代に自動車事業に参入、1954年に「鈴木自動車工業株式会社」に改称し、現在は1990年に改称した「スズキ株式会社」となり、日本の自動車メーカーの中でも名門と言われる企業です。

ワゴンRは、同社が1993年に発表したモデルであり、今回発売されたモデルで6代目になります。

CMに広瀬すず起用

この新しいワゴンRのCMに、今や見かけない日がないくらいの売れっ子である

広瀬すずさん

が起用されています。パートナーとして昨年のNHK大河ドラマ「真田丸」に出演された

草刈正雄さん

も一緒です。

落ち着いたムード

このCMでの広瀬すずさんは、白を基調とした衣装に短パン姿で、ちょっとだけ大人な雰囲気を醸し出しています。スラリ伸びた脚も素敵ですね。

どちらかと言えば、カワイイ系の作りが多い広瀬さんのCMですが、草刈正雄さんとのコンビネーションで、従来と違った広瀬すずを演出しているように思います。

マイルドハイブリッド

この新しいワゴンRには、「マイルドハイブリッド」が搭載されているのですが、その特徴はどんなものなのかを調べてみました。

ハイブリッドには2種類ある

世の中に出回っているハイブリッド車には、実は2つの方式があるのです。一つは

ストロング方式

で、トヨタのプリウスやエスティマなどがこの方式を採用しています。

ストロング方式の特徴としては

比較的大きな電池とモーターを搭載し、蓄積した電気と電動モーターだけで走行できるタイプ

はストロング型といわれます。

ストロングハイブリッドは、走行条件に応じてエンジンと電動モーターを使い分け

最も効率のよい出力配分で走行するシステム

です。従って、エンジンと電動モーターはどちらも重要な動力源であり、2つの複雑な仕組みを組み合わせることで大幅な燃費向上を実現しています。

もう一つの方式として

マイルド方式

と言うのがあり、スズキのワゴンRはこの方式を採用したと言うわけです。

マイルド方式の特徴は

停止時や発進時などエンジン駆動時に比較的小型の電池とモーターでアシストする

と言う、補助役に徹したシステムなんですね。ですので、通常この方式では、走るための動力源はエンジンだけで、それ以外のもので走ることはできません。

しかし、ワゴンRのマイルドハイブリッドでは

搭載したモーターでクリープ走行ができるようになった

と言うのが新しいところなのです。

もちろん、従来のハイブリッド車と同様に減速時などに発電する「回生ブレーキ」。

停止時の余計なガソリン消費を抑える「アイドリングストップ」。

静かにエンジンを再始動することや、

モーターによるエンジンアシストによって低燃費を実現しています。

※JC08モードで33.4Km/L

マイルドハイブリッドと言いながらも進化したハイブリッドを搭載していたんですね。

歴代ワゴンR

おまけとして、歴代のワゴンRをご覧ください。

初代ワゴンR

  • 発売時期:1993年9月~
  • 新車時価格帯:69.8万〜136.7万円
  • カタログ燃費:15.4〜21.5km/L
  • 中古車平均価格:17万円

二代目ワゴンR

  • 発売時期:1998年10月~
  • 新車時価格帯:88.0万〜156.3万円
  • カタログ燃費:16.4〜22.5km/L
  • 中古車平均価格:14万円

三代目ワゴンR

  • 発売時期:2003年9月~
  • 新車時価格帯:81.9万〜166.1万円
  • カタログ燃費:18.2〜23.5km/L
  • 中古車平均価格:33万円

四代目ワゴンR

  • 発売時期:2008年9月~
  • 新車時価格帯:107.1万〜152.5万円
  • カタログ燃費:20.0〜25.0km/L
  • 中古車平均価格:63万円

五代目ワゴンR

  • 発売時期:2012年9月~
  • 新車時価格帯:107.9万〜173.6万円
  • カタログ燃費:-
  • 中古車平均価格:99万円

まとめ

初代から数えて6代目になるスズキのワゴンR。広瀬すずさんのCMも相まって、若者から支持されそうな気がしますね。ハイブリッドには2種類あって、いわゆるアシスト専門のハイブリッドが「マイルドハイブリッド」ってことだったんですね。でも、ワゴンRはモーターでクリープ走行できるのが進化したところなのです。

車をお考えの方も多い季節ですから、スズキのワゴンRも対象の一つに加えてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!