車のハイビームを正しく使うやり方って?他車に迷惑をかけないために

夜になると車のヘッドライトを点灯させますよね?

これ、上向き(ハイビーム)と下向き(ロービーム)があることは免許を持っている方なら知っているはず。

では、その正しい使い方はご存知でしょうか?

今回は、正しいハイビームの使い方と他車に迷惑にならない配慮について考えてみました。

スポンサーリンク
Sponsored Link

車のヘッドライト

まずは、車のヘッドライトについて知っておきましょう。暗くなればライトを点灯させるわけですが、車の前面左右に取り付けられているライトが

ヘッドライト(ヘッドランプ)

です。

道交法で定められている灯火方法

実はこのヘッドライトですが、使い方…と言いますか使用法が道路交通法で決まっているのです。

車両等の灯火
第五二条 車両等は、夜間(日没時から日出時までの時間をいう。以下この条及び第六十三条の九第二項において同じ。)、道路にあるときは、政令で定めるところにより、前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火をつけなければならない。政令で定める場合においては、夜間以外の時間にあつても、同様とする。
【令】第十八条
【令】第十九条
 車両等が、夜間(前項後段の場合を含む。)、他の車両等と行き違う場合又は他の車両等の直後を進行する場合において、他の車両等の交通を妨げるおそれがあるときは、車両等の運転者は、政令で定めるところにより、灯火を消し、灯火の光度を減ずる等灯火を操作しなければならない。
【令】第二十条
(罰則 第一項については第百二十条第一項第五号、同条第二項 第二項については第百二十条第一項第八号、同条第二項)

この条文を見る限り、ヘッドライト(前照灯)および車幅灯、尾灯は車が道路にあるときに夜間(日没時から日出 時までの間)はつける必要があります。

普通、車のヘッドライトを点灯する操作をすれば車幅灯も尾灯も点灯するので、操作上はヘッドライト点灯操作と言うことにします。

第2項には、「他の車両等と行き違う場合又は他の車両等の直後を進行する場合において…灯火の光度を減ずる等灯火を操作しなければならない。」と記述があります。これが意味するのは

ヘッドライト通常灯火状態はハイビーム(上向き)である

と言うことです。ハイビームでなければ光度を減ずることができませんから。

これらから言えることは、

  • 暗くなったらヘッドライトを点灯する
  • 通常はハイビームが基本
  • 対向車や前方に他車がいる場合はロービーム切り替える

と言うのが、道路交通法上の正しい使い方であると言えます。

本当にハイビームを常用するのか

道路交通法での規定はこれでわかりました。ですが「基本ハイビーム」と言われても、それを本当に常用すべきなのか?常用しなかったら道交法違反で反則金とか罰金とかが科せられるのか?って言う疑問があります。

実際問題として、車で道路を走っている場合にハイビームにしていたら、対向車からは眩しいとパッシングされる(※パッシングライトの意味は知ってる?7つのケーススタディ)でしょうし、自分の前を走っている車からは何等かの眩しいと言う意思表示があるかもしれません。つまり、常用されているかと言えば

一般的にはハイビームが通常使用ではない

と言うことができます。

なぜハイビームなのか

これは当然のことであって、そもそも道路交通法の条文が現在にマッチしてないのです。この条文ができたのは昭和35年(西暦1960年)なのです。これからモータリゼーション社会を迎える時代ですから、まだまだ交通量も少ない状況です。それに、当時のライトの性能から考えても、前方視界をしっかり確保するためにはハイビームが必要だったと考えることもできます。(前照灯の光度は1万カンデラ超と決められていますが)

交通量が多くないのですから、通常は前方視界を確保するためにハイビームを常用し、歩行者や障害物を認識しやすくする(逆に、相手からも自分を認識しやすくする)効果をもたらし、対向車や前走車がいる場合は下向きに切り替えると言うのが現実的だった時代と言うことでしょう。

罰則はあるのか

では、現在においてハイビームにしていない場合は取締り対象になるのでしょうか?

私の個人的な経験を持ち出しても

そんなことはない

と言えます。無灯火ならばいざしらず、少なくともしっかりとヘッドライトやその他の灯火が点灯されていれば、単にハイビームになっていないと言う理由だけで違反に問われることはなさそうです。

ただし、最近の風潮では前方の危険察知向上の意味でハイビームを推奨する動きが警察などで行われています。ハイビームは当然ながら光の届く距離が長いですから、遠くの歩行者をいち早く照らすことができます。それすなわち早期の危険要素把握であり、夜間における歩行者の事故を減らしたい警察にとっての重要な対策と言うことでしょうか。

上手なヘッドライトの使い方

では、普段車を運転する場合に、どうすればより効果が見込めるヘッドライトの使い方となるのでしょうか?

交通量に応じた操作

当然のことながら、交通量の多い道路でハイビームにするのは現実的ではないと思います。切り替え操作が多くなりすぎますし、それが対向車や前走車などへ誤解を与える恐れもあります。

逆に、交通量の少ない道路や見通しの悪い道路ではハイビームを基本にしておくのは意味のあることだと思います。前方視界が良好に確保できますし、相手からも自分を発見してもらえる確率が高くなります。

また、交通量の少ない道路でみなさんがハイビーム走行をした場合、逆に対向車の発見が早くなる効果もあります。対向車のライトが早く確認できるので、その時点でロービームに切り替えれば良いわけですから、間近になって切り替えてパッシングで怒られるってことはなさそうです。

(※パッシングライトの意味は知ってる?7つのケーススタディ

ちなみに、ハイビームとロービームの切り替え方法ですが、ハンドル右側についている方向指示器のレバーにライト点灯スイッチがあります。このレバーは上下方向で方向指示器の役割を果たしますが、前後方向に動かすことでハイビーム・ロービームを切り替えることができます。普通は前方向に動かすとハイビームです。

まとめ

車のヘッドライトですが、ハイビームを上手に使えば事故を減らせるって言うのは十分説得力のある話だと思います。ただ、やはりそこで他車(他者)への気配りや配慮が重要になります。

交通量の多い場所ではロービームで良いでしょうが、交通量の少ない道路や見通しの悪い道路ではハイビームを積極的に使って、自車のアピールと視界の確保を行うことが安全につながることになります。

ぜひ、上手にハイビームを使って安全運転に役立ててください。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!