高速道路で乗り越したら料金はどうなる?特別転回を利用しよう

高速道路を走っていて、本来ならば降りなければならないインターチェンジをついウッカリ通り過ぎてしまう…なんてことがないとは限りませんよね。

そんな場合は、やはり一旦次のインターチェンジで降りてから再度高速に乗り直すような対応になるんだろうなぁと思っていたので、普通なら1区間分を一般道で移動したりしますよね。

でも、もっと良い方法があるみたいですよ。

スポンサーリンク
Sponsored Link

高速道路を乗り越した

普段から行き慣れた場所ならばそんなことはないかもしれませんが、休日などでドライブや遠出をして、ルートはカーナビ頼り…みたいな場合だと、本来降りなければならないインターチェンジで降りることができないことがあります。例えば、追い越し車線にいて本線に戻れずに、そのままインターチェンジを通過してしまう…とか。

絶対ダメ!逆走

そんな場合に絶対してはいけないことが

逆走

です。

高速道路で車が逆走して事故になったなんて話をよく耳にしますが、その原因は

  • ウッカリミス
  • 行き過ぎたから戻ろうとした

ってことらしいんですね。

また、勝手に次のインターチェンジなどでUターンするなんていうのもダメですよ。

特別転回を使おう

そんな場合に、何も自分だけで焦っておかしな行動を取る必要はありません。実は

特別転回(とくべつてんかい)

と言う方法がちゃんとあるんです。

これは、今回のケースみたいな

本来高速を降りようと思っていたインターチェンジを通り過ぎてしまい、そちらに戻って降りたい場合

に利用することができる制度なんです。

利用方法

間違えたことに気づいたら、その次のインターチェンジで高速道路を降りてください。その際には、必ず

有人の料金ゲート

に行きましょう。その際、ETCの方はETCカードを車載器から抜いておきます。

そして、ETCカードを提示してゲートの係員に

「通り過ぎてしまったので××インターまで戻りたい」

と告げてください。通行券の方は、同じように通行券を提示してください。

あとは係員の指示に従ってもらいたいのですが、概ね次のような感じになります。

ETCの場合

  • ETCカードを車載器から抜いたまま一旦料金ゲートを通過して高速を出る
  • 係員の指示に従い、ETCカードを抜いたまま料金ゲートを通過して高速に入る
  • 車載器にETCカードを挿入し、目的のインターチェンジへ向かう
  • 目的のインターチェンジでそのままETCゲートを通過する

通行券の場合

  • 通行券に係員がハンコを押してくれます
  • 一旦、料金ゲートを通過して高速を出る
  • 係員の指示に従い、再度料金ゲートを通過して高速に入る
  • 目的のインターチェンジに向かう
  • 目的のインターチェンジで有人ゲートで精算をする

料金はどうなる

「特別転回」した場合の料金は、元々高速に乗ったインターチェンジから当初降りる予定だったインターチェンジの分になります。

特別転回の場合は、行き過ぎたインターチェンジまでの分と、目的のインターチェンジまで戻る分は請求されません。

もし、特別転回を使わなければ

  • 高速に乗ったインターチェンジから行き過ぎて降りたインターチェンジまでの分
  • 行き過ぎて降りたインターチェンジから当初降りる予定だったインターチェンジまでの分

がかかってしまいますので、特別転回を利用した方が金額的にも時間的にもお得です。

できない場合もある

ただし、この「特別転回」はどんな場合にも適用されるわけではありません。

料金所の構造によっては、転回自体ができない場合もありますので、その場合は通常どおり一旦高速を出てから入り直すことになってしまいます。料金も普通にかかってしまいます。

ですが、何もしないよりは係員に相談してみることをおススメします。何らかの対応はしてもらえそうですよ。

まとめ

高速道路で乗り越してしまった場合は、自分で勝手な判断による危険行為は論外としても、降りて一般道で戻るとか、料金が余分にかかってしまうけど降りて乗り直すなんてことをしなくても、「特別転回」と言う制度を利用することで元々の料金で高速を利用して本来の目的インターチェンジへ戻ることができます。

万が一、そんな事態になってしまった時には上手に活用してください。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!