コインパーキングは本当に格安?料金体系と相場について

車で出かける…となると、いつも心配しなければならないのが駐車場ですよね?

最近では「コインパーキング」があちらこちらにできていて、見た目の料金も安いのでついつい入ってしまうのですが、本当にコインパーキングって安い(格安)?のでしょうか!

これだけ雨後の竹の子のようにできてるってことは、それなりに需要があって儲かるからってことでしょうが、格安ならば儲からない気がしますしねぇ…。

今回は、そんなコインパーキングの料金と相場なんかも一緒にまとめてみました。

スポンサーリンク
Sponsored Link

コインパーキング

コインパーキングと言うのは、簡単に言えば

  • 停めた時間に応じて料金を支払う方式の駐車場
  • 屋内の場合と屋外の場合がある
  • 有人の場合と無人の場合がある

と言うのが私の認識なのですが、特に最近は無人による運営で

  • 24時間365日いつでも入出庫できる
  • 屋外型で最大料金を明示しているところが多い

と言う気がしています。実際に、私もコインパーキングをよく利用しています。

本当に格安か

このコインパーキングですが、看板の掲示には

  • 「1日最大○○円」
  • 「24時間最大○○円」

と書かれていて安さを強調する駐車場がほとんどになっています。ですが、これは注意しないと大変なことになるのです。

最大料金の意味

コインパーキングに掲示してあるこの「最大料金」ですが、これが意味するのは

これ以上料金はかかりませんよ

と言うことではありません。

業界大手である「タイムズ駐車場」の料金説明を見ると

最大料金とは、長時間駐車のご利用がお得になる料金システムです。「最大料金 駐車後●●時間」・「時間帯最大料金」・「当日24時まで最大料金」など、主に3種類あります。
最大料金は繰り返し適用されます。
最大料金の設定がない曜日・時間帯については、繰り返し適用されません。
※駐車時間は最長48時間までとなっております。

タイムズ駐車場HPより引用

となっていて、「繰り返し適用される」とあります。「タイムズ駐車場」の場合は最大料金を

  1. 最大料金駐車後○○時間:駐車後24時間1,000円
  2. 時間帯最大料金:8時~22時まで最大1,000円
  3. 当日1日最大料金:当日24時まで最大1,000円

と言うような体系になっています。(場所により変わります)

例えば、誤解しやすい3のケースで考えてみましょう。看板にはおそらく

当日1日最大料金1,000円

と書かれています。ですが、最大料金1,000円と言う文字を見て

最大1,000円で停められるのか

と勘違いしてしまうことがあるのです。この人が、朝8時に駐車場に入庫して翌日の朝8時に出庫した場合の駐車料金は次のようになります。定価は8時~22時が20分あたり100円、22時~8時までが60分あたり100円とします。

最大料金がない場合(定価)

7時から8時まで:60分100円×1=100円

8時から22時まで:20分100円×((22-8)×3)=4,200円

22時から翌朝8時まで:60分100円×10=1,000円

100円+4,200円+1,000=5,300円

普通料金だと5,300円かかります

最大料金適用の場合

適用されるのは「当日24時まで1,000円」と言う最大料金です。

7時から24時まで:最大料金の1,000円が適用

24時から8時まで:60分100円×8=800円

1,000円+800円=1,800円

最大料金適用だと1,800円になります

定価との差額は5,300円-1,800円=3,500円

3,500円お得になっている…と言うことになります。

誤解によるトラブル

しかし、そもそも1,000円以上かからないと思っていた利用者にとっては800円も余計に料金がかかってしまったことに、驚くとともに怒りがこみ上げてきます。それによって駐車場との間でトラブルになってしまうのです。

ですので、単に「最大○○円」と言う表示に踊らされることなく、料金体系をしっかりと確認した上でコインパーキングを利用することが重要です。

駐車料金の相場

それでは、コインパーキングの料金が安いかどうかを確認する意味で、駐車料金の相場を見てみましょう。基本とするのは首都圏の駐車料金とさせていただきます。

東京都八重洲パーキング

  • 営業時間:24時間・年中無休
  • 駐車料金:最初の30分が320円、1時間 630円、15時間〜24時間まで9,000円

NPC24H八重洲日東紡ビルパーキング

  • 営業時間:7:00~23:00
  • 駐車料金:24時間1,500円、全日夜間800円(18時~8時)、通常料金 20分/200円

日本橋駐車場

  • 営業時間:24時間
  • 駐車料金:30分200円、30分未満無料 ※30分以上の場合は入庫時からの料金12時間最大 2,400円、※以後、12時間毎最大2,400円

タイムズ八重洲センタービル

  • 営業時間:08:00~23:00
  • 駐車料金:08:00~23:00まで30分あたり400円、23:00~08:00まで540分あたり1,000円、08:00〜23:00まで最大料金1,600円 ※繰り返し適用されます

ほんの一例にすぎませんが、やはり首都圏は1時間あたりの相場が600円以上ですね。それが基準となって、駐車場ごとに最大料金や割引料金、時間固定料金などを設定しているようです。

まとめ

コインパーキングは数も多くて便利な場所にあるケースが多いです。小規模な場所では停めにくさが玉にきずですが、最大料金を上手く活用できれば一般的な駐車場を利用するよりも「安い」と言えそうです。

ただ、首都圏などの都会へ車で行くのが良いのかと言えば、そこは目的に応じてよく検討する必要があると思います。レジャーなどであれば、首都圏は公共交通機関の方が便利ですからね。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!