ロングドライブの必需品と安全快適で疲れない運転のコツとは?

連休や大型連休などには、車でお出かけになる方も多いのではないでしょうか?

最近では、車中泊をしながら車で旅行するスタイルも増えてきているようです。

でも、車中泊まではしないまでも、それなりにロングドライブを楽しむ場合には必需品とか極意みたいなことがあったりしますよね?

今回は、ロングドライブを楽しむための必需品や、安全で快適で疲れない運転のコツなんかをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク
Sponsored Link

ロングドライブを楽しむコツ

基本はロングドライブを楽しむことにあります。ロングドライブは、数百キロ単位で移動するドライブを想定しています。高速道路あり、一般道あり、場合によっては山道とか細い田舎道なんてのもあるかもしれません。

そんなドライブを楽しみながらも安全で快適で疲れない(特に運転手)ためのコツをご紹介します。

体調は万全にしておく

当たり前のことですが、運転をされる方の体調は万全にしておきましょう。ドライブに出かける場合は朝早かったりするケースもあると思いますが、前日はしっかり睡眠をとっておくことが大切です。

寝不足だったり、体調がどこか芳しくない…なんて状態だとロングドライブは厳しいと思われますので、他の方に運転を代わってもらうとか中止するなんてことも考える必要があります。

スピードは一定で走る

道路を走る場合に心掛けることは

なるべく一定のスピードで走ること

です。これは一般道でも高速道路でも同じです。

一般道の場合は、周囲の車の流れなどもあって必ずしも自分のペースで走れないこともありますが、それでもなるべく自分のペースで走るようにしましょう。片側2車線以上の道路で、頻繁に車線変更をしたり追い越しをしたりしないように、心はいつも「ゆったり」とした状態が好ましいです。

余計な運転操作や周囲警戒に神経を使うような運転は疲労の元ですから、そのような要因を作らないことが大切です。

最低でも2時間に1度は休憩

連続して運転をしていると、知らないうちに疲労が蓄積していきます。しかし、意外と運転している者は自覚がなかったりします。そして、後から

急激な眠気が襲ってくる!!

なんてことになったりするのです。そのような状態にならないためにも、1~2時間に1度は休憩しましょう。最低でも2時間運転したら1度は休憩して下さい。なぜならば

人の集中できる時間は2時間が限界

と言われているからです。できれば、限界になる前に休憩するのが望ましいのですが、先が長いロングドライブの場合には

「もう少し先まで行ってから休憩しよう!」

と言う心理が働きやすくなります。事前に休憩する場所を決めておくのも方法の一つかと思います。

眠くなったらすぐ休憩

それでも、長い時間運転を続けていると眠気が襲ってきます。そのような場合は

できるだけ速やかに休憩所を見つけて仮眠を取る

ことを心がけてください。すぐに休憩できる場所がない場合もあると思いますが、そんな場合に

眠気覚ましグッズ

などを利用して休憩所までたどり着きましょう。眠気覚ましグッズは

  • 眠気と闘いながら運転を継続するもの…×
  • 眠気が襲った時に休憩所までたどり着くため…○

と思ってください。

運転交代要員は遠慮なく寝ること

長距離を運転する場合で交代してくれる運転手がいるときは、予め交代する時間や場所を決めておくのが良いでしょう。そして、交代要員の方は運転者に遠慮せずに寝たり休んだりすることが必要です。

このような場合は、交代要員の方は助手席に座ることが多いかと思います。そうなると、ついつい運転している方を気遣って話相手になったりします。しかし、これでは交代要員の方も一緒に疲れてしまいます。特に夜間の移動などでは、ゆっくり休むことに専念することも必要です。

ロングドライブの必需品

それでは、ロングドライブを楽しむ場合にあれば良いと思う必需品をご紹介します。

疲れないためのグッズ

ドライブ専用クッション

ドライブ専用の快適クッションがあれば、長時間の運転を疲れにくくしてくれます。もちろん、それ以前にシートの位置調整なども大切ですが…。

ネックパッド

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【Bellezza】ベレッツァ ネックパッドPVCベーシック
価格:2905円(税込、送料別) (2017/3/9時点)

ヘッドレストシャフト部にベルトで固定するだけで、首をしっかりサポートしてくれますのでロングドライブも快適になります。

アイマスク

クッション性の高い生地(中綿入り)が目元をやさしく包み込みます。ストレッチ性があり心地よくフィットするパターン・カッティングを採用していますので、休養時、就寝時の耳や後頭部の不快感を軽減します。

あればよい便利グッズ

ワンタッチ携帯トイレ

万一の場合に用意しておきましょう。特に、予期せぬ事故渋滞などの場合などでは対処のしようもありません。また、防災グッズとしても使えますので持っていて損はありません。

カーテン

ちょっとした休憩や目隠しなどにも使え、仮眠などの場合にも有効です。

その他

当たり前のようですが、これらもあった方が良いでしょう。

  • 飲み物
  • おやつ
  • 眠気覚まし(ガムやドリンク)
  • ドライブ地図やガイドブック
  • 雨具
  • サングラス
  • 常備薬

などなど…。特にガムは眠気さましに効果がありますので必須かもしれません。

まとめ

連休や春休み、夏休みや冬休みなどのまとまった休みを利用して、車でロングドライブをされる場合、安全で快適で疲れない運転のコツや必需品をご紹介しました。ぜひ、これらを利用してドライブをお楽しみいただければと思います。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!