新普通免許で乗れるトラックは?2017年道交法改正の影響

2017年3月12日に施行された改正道路交通法をご存知でしょうか?

今回の改正によっていくつかの変更が行われていますが、大きく変わった部分は

  • 準中型免許が新設されたこと
  • 高齢運転者対策の推進

の2つとなっています。最近、高齢者ドライバーによる事故が増えていることについては納得性もありますが、準中型免許については「どうして?」って言う感覚がぬぐえません。

今回は、その「準中型免許」ができたことで、それ以降の普通免許で乗れるトラックはあるのか?あるとしたら、どんなトラックに乗れるのか?についてまとめてみました。

スポンサーリンク
Sponsored Link

新普通免許

改正道路交通法が施行すると、準中型免許制度が開始されて普通免許による運転可能な自動車の範囲も変わってくることになります。これまでにも、道路交通法が改正されて普通免許の運転可能な自動車の範囲が変わったことがありました。2007年の改正がそうだったのですが、その時までは「中型」と言う区分がそもそも存在せず、「大型」と「普通」の2種類だけしかありませんでした。

この「中型」と言う種類は、2007年の改正時に新設されたものになります。そして、今回2017年では新たに「準中型」と言うものが新設されます。

運転できる車両の大きさと乗員

どんな車両がどんな免許で運転可能なのかを簡単に見てみましょう。

改正前(2017年3月11日まで)

最大積載量 車両総重量 乗車定員
10人以下 29人以下 30人以上
6.5t以上 11t以上 大型免許
6.5t未満 11t未満 中型免許 大型免許
5t未満 8t未満 中型(8t限定) 中型免許
3t未満 5t未満 普通免許

改正後(2017年3月12日以降)

最大積載量 車両総重量 乗車定員
10人以下 29人以下 30人以上
6.5t以上 11t以上 大型免許
6.5t未満 11t未満 中型免許 大型免許
5t未満 8t未満 中型(8t限定) 中型免許
4.5t未満 7.5t未満 準中型免許
3t未満 5t未満 準中型(5t限定)

改正前の普通免許

2t未満 3.5t未満 普通免許

※改正後では、同じ普通免許でも取得した時期によって運転できる範囲が変わっています

なぜ準中型免許が新設されたのか

そもそも、普通免許の運転範囲が変わったのは

準中型免許が新設されたこと

が原因です。では、なぜ準中型免許が新設されたのでしょう?

2007年改正時に新設された「中型免許」は、受験資格が

20歳以上運転歴2年以上

でした。中型免許新設の影響を大きく受けてしまったのが宅配業者や運送業界など、トラックを商売で使っている業界でした。高卒でトラック業界へ入り、運転手として働く場合などでは普通免許で運転できるトラックが少なくなった(最近のトラックはハイテク化やハイブリッド化などの影響などで車重が増え、車両総重量が5tを超えるものが多くなっている)ことと、それに対応する免許を取得できるのが最短でも2年後となります。

このような現状では、運送業界の人材確保が難しいという問題もあり、運送業界や全国高等学校長協会等からの強い要望によって、18歳から取得可能な車両総重量7.5t未満の運転ができる「準中型免許」が新設されたのです。

新普通免許で乗れるトラック

それでは、これまでの普通免許と新普通免許で乗れるトラックが変わってきますが、これから免許を取得した場合の新普通免許で乗れるトラックはどんなものがあるのでしょうか?

軽トラック

軽自動車のトラック(いわゆる軽トラ)には問題なく乗ることができます。

軽トラックは、車両総重量が1t未満のものがほとんどですし、最大積載量も350Kgであり、新普通免許の要件である

車両総重量3.5t未満で最大積載量2t未満

を十分に満たしています。

1.5tトラック

一般的に「小型トラック」とか「1.5tトラック」と呼ばれるものです。

こちらの諸元を確認すると

最大積載量は1.5tと十分範囲内になっていますが、車両総重量が3825Kgとなっていて、要件の3.5t未満を満たしていません。ですので、この場合は積載量がOKであっても新普通免許で乗ることはできないことになります。

積載量よりも総車両重量に注意

このように、単純に荷物を積める最大積載量が2t未満の車であっても、車両総重量が規定の3.5t以上になってしまう車も多く存在すると思われます。それは、見た目などではわかりませんし、これまでの普通免許で運転できたワゴンタイプの車であっても、場合によっては車重がオーバーしている可能性もあり得ますので、必ず車検証などで運転できる車なのかどうかを確認するのが賢明な対応かと思います。

考えられる影響

新普通免許で運転される方は、2017年3月12日免許を取得する(された)方々です。そんな方々が例えば自分たちで引っ越しや荷物を運ぼうと思ってレンタカーを借りる場合でも

トラックなどが借りられない

と言うことが出てきます。自力で引っ越しを推奨しているわけではありませんが、このような例は多いのかな?と思います。私もレンタカーを借りて引っ越しをしたことがありますし、ましてや免許を取ったばかりの若者は、引っ越しの機会も多いでしょうから、準中型免許を取得するなどの対応が必要になってしまいます。

アルバイトなどでも荷物を運搬するようなトラックやバンを運転することもありますが、それも要注意ってことになってしまいます。

ちょっと不便な感じがしますね。

まとめ

改正道路交通法によって新設される準中型免許。これにより普通免許で運転できるトラックは「ほとんどない」と言ってもよい状況になりました。それなりの理由があるにせよ、これまでできていたことができなくなると言うのは「なんだかなー」って感じがします。

新普通免許に該当する方がトラックなどを運転する場合は、必ず車検証で確認するようにしましょう。知らずに運転して違反となっても、それは許されませんからね。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 齋藤貞夫 より:

    こんばんは。
    知り合いの教習所を手伝っているのですが、
    普通免許は3.5t未満まですよね、総重量が(車+荷物)。じゃあ車が3tで荷物499kgを足すと3.499kgになります。普通免許で運転できますか?いろんなサイトを読んだけど分からないので…
    よろしくお願いします。

    • car-mame より:

      斎藤さん、コメントありがとうございます。
      車両総重量とは

      自動車本体重量 + 乗車定員(一人55Kg)+ 最大積載量 = 車両総重量

      となります。あくまで車検証に記載された数値のことを指します。ですので、ご質問のような場合であっても、車検証に記載されている総重量が3.5tを超えていれば運転することができません。実際に運行している重量ではなく、あくまで車検証に記載されている重量(車両総重量)で決まりますので、勘違いによる無免許運転にならないようにご注意ください。

error: Content is protected !!