車の洗車やワックスがけってどれくらいの頻度でやればいい?

車って結構汚れるんですよね。でも、毎日洗車なんて社長さんの運転手じゃないんだからやってられません。かと言って、車が汚いままだとかわいそうだし、自分が無精でだらしなく思われてしまうなぁ…なんて悩んでしまうことがありませんか?

新車を購入したばかりとか、初めて車のオーナーになった若者だった洗車やワックスがけなんかも楽しい作業ですが、そうでない大多数の人にとっては面倒な作業でもあります。

では、この洗車とかワックスがけってどれくらいの頻度で行えば良いのでしょう?

スポンサーリンク
Sponsored Link

洗車について

洗車ってどれくらいの頻度で行っているんでしょうね?一般的には

  1. 1か月に1回
  2. 2か月に1回
  3. 3か月に1回
  4. 半年に1回
  5. 2~3週間に1回

と言うのが多い順序になるようです。月に1回って言うのが定番と言えばそうなのかもしれません。正直、私もそれくらいに1回の頻度で洗車してましたから。

洗車をする理由

では、洗車はどんな理由で行うのでしょう?

「そんなの決まってるよ。車をキレイにしたいからだ」

と言うでしょう。多分、その通りだと思います。みなさんが洗車をしようと思い立つ理由も

  • 汚れが目立ってきた
  • 水垢がついた
  • 冬季で融雪剤などが付着
  • 鳥の糞などが付着
  • 花粉や埃が気になる
  • 車をピカピカにしておきたい

等々…。実害?があってから洗車をする方が多いのでしょうね。

では、洗車(ワックスも含めて)をすることによるメリットやデメリットについて考えれば、最適な頻度と言うのがわかるのではないでしょうか?

洗車のメリット

意外と「洗車のメリット」って言うのがネットで調べても見当たらないですね。もう少し掘り下げて

  • 手洗い洗車のメリット
  • 洗車機のメリット
  • 水だけ洗車のメリット

って言うのはありましたが…。

ですが、普通に考えれば洗車をすることによって車がキレイになるわけですから

  • 見た目がキレイに保たれる
  • 塗装が痛む原因を取り除く→長持ちさせる
  • 傷や不具合箇所を発見しやすくなる
  • 定期的なメンテナンスを兼ねる

なんてことが言えそうかもしれません。ワックスも塗装に被膜を作って保護してくれるのが役割ですから、光沢を増して埃や汚れの付着をある程度防いでキレイさを長く保ってくれます。

また、私の場合洗車やワックスをかけたら、それ以外にもウォッシャー液の補充をしたり、エンジンルームまわりは確認します。

洗車そのもののメリットと言うよりも、洗車によって得られるメリット…と言うことになるかもしれません。

洗車によるデメリット

デメリットについて書かれている内容は何処も同じでした。それは

洗車によってボディーにキズ(スクラッチ)が付く

と言うことです。これは、洗車やワックスがけなどで使うスポンジでボディーを擦ることによって起きますし、洗車後の水分を拭き取る場合にタオルなどを使った場合にもキズがついてしまうのだそうです。

最近では、キズが付きにくい素材のものもあるようですが、まったくキズを付けないと言うのは無理なようで、

洗車すればするほどキズが増えていく

と言う、何とも悩ましい結果が待ち受けているのです。

ワックスについても、永久的に効果が持続するわけではありませんので、被膜が取れて行くにしたがってボディーの塗装が痛んだりする場合もあります。

そうなると

洗車やワックスってどんな意味があるの?

って思ってきますよね。

何が重要かを考える

洗車することで車にキズが入ってしまうのならば、極論を言ってしまえば

洗車をしないのがベスト

ってことになってしまいます。でも、これは極論です。

これらは、洗車に対して

  • 何が重要か
  • 何を求めているのか

を考えてみれば、自分のタイミングがわかる…と思うのです。

車にキズを付けたくない人は車がキズつかないことが重要な訳ですから

洗車をしない(極力洗車をしない)

と言うことが求めている結果に近い訳ですし、常に車をピカピカにすることを求めるのならば

定期的に洗車をする

と言うのが目的に合致します。

洗車機で傷がつくは昔の話?今どきの洗車事情について

まとめ

車の洗車は、一般的には1か月に1回くらいの頻度で行う方が多いのですが、洗車やワックスにも弊害があることがわかりました。洗車することで車に細かいキズを付けてしまうことになるのです。これが嫌な方は「洗車をしない」と言うのもアリかと思います。

要は「自分がどうしたいか?」と言うことかと思います。ですので

ご自分の思った通りに洗車されるのが良いのではないか

と言うのが結論です。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!