運転中のハンズフリー通話は違反?その理由とは?

車を運転している最中に電話がかかってきたりすることもありますよね?

最近は、運転中の携帯電話は違法で危険行為であることが認知されていますので、携帯で通話をしながら運転している方はほとんど見ることはありませんが、イヤホンマイク(無線やBluetooth)で通話している方は見かけます。

これは違反ですか?大丈夫ですか?

そんな疑問も含めてまとめてみました。

スポンサーリンク
Sponsored Link

車で携帯電話使用

車で携帯電話を使用することに関して規制されたのは平成16年の道路交通法改正です。携帯電話使用の罰則が強化されたんですね。この場合の携帯電話使用と言うのはどういう定義なのでしょう?

携帯電話使用の定義

携帯電話の使用に関して道路交通法第71条5の5では

自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。)を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。第百二十条第一項第十一号において「無線通話装置」という。)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第四十一条第十六号 若しくは第十七号 又は第四十四条第十一号 に規定する装置であるものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)に表示された画像を注視しないこと。

道路交通法より引用

とされています。この条文で違反になると言っているのは

  • 車を運転している最中に携帯電話を手で持って通話した場合
  • 車を運転している最中に車に取り付けられたり持ち込まれたカーナビやスマホなどの画像を表示する装置の画面を注視した場合

となります。ただし、車が停止している時は良いとなっています。

問われる違反

この携帯電話使用について取り締まりを受けた場合は

携帯電話使用等

と言う違反となります。これには次の2つがあります。

携帯電話使用等(交通の危機)

「交通の危機」とは、携帯電話などの使用が交通事故の原因となった場合の違反のことを指します。例えば、携帯電話で通話中に前方への注意力が散漫になり、それが原因で事故を起こした場合などです。

携帯電話使用等(保持)

もう一つの「保持」とは、携帯電話などを単に使用している場合の違反を指します。片手で携帯電話を持って通話していたり、スマホの画面をのぞいていたりした場合です。

罰則

上記の違反を犯した場合の罰則は以下です。

携帯電話使用等(交通の危機)
  • 3か月以下の懲役または5万円以下の罰金
  • 点数2点
  • 交通事故に至らなかった場合は反則金

反則金

大型自動車 12,000円
普通自動車 9,000円
自動二輪車 7,000円
原付自転車 6,000円
携帯電話使用等(保持)
  • 5万円以下の罰金
  • 点数1点
  • 反則金

反則金

大型自動車 7,000円
普通自動車 6,000円
自動二輪車 6,000円
原付自転車 5,000円

※厳罰化検討されています

スマホのながら運転厳罰化はいつから?気になる罰則内容もチェック

ハンズフリー通話は違反か

それでは、ここで疑問について考えてみましょう。

ハンズフリー装置(イヤホンなど)による通話は違反になるかどうか?です。

道路交通法では、あくまで携帯電話を手で保持していた場合はNGであると言っています。したがって、道路交通法ではハンズフリー装置による通話は違反とはなりません。

都道府県の条例によって禁止されている場合がある

道路交通法では違反にならなくても、各都道府県による条例によって規制されているケースがあります。その場合は取締りの対象になってしまいますので注意が必要です。

ハンズフリーによる通話禁止の根拠は

高音でカーラジオ等を聞き、又はイヤホーン等を使用してラジオを聞く等安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両等を運転しないこと。

東京都道路交通規則より引用

となります。ただ、これだけですと根拠が曖昧な気もしますが、ポイントとしては

外部の音が聞こえない状態で車を運転している場合

であると言えます。また、イヤホーンなどの身体と密着して音を伝えるような装置を禁止しているとのことで、車のオプション装置である

スピーカーから音が出るハンズフリー装置

は音が空気を媒介して運転者に伝わるため大丈夫と言うことが言われています。

ちなみに、ハンズフリーを禁止(と解釈した方が無難)している都道府県は

・北海道・宮城県・福島県・新潟県・茨城県・群馬県・千葉県・埼玉県・東京都・神奈川県・山梨県・長野県・富山県・石川県・福井県・静岡県・岐阜県・愛知県・奈良県・和歌山県・滋賀県・京都府・大阪府・岡山県・鳥取県・香川県・徳島県・高知県・愛媛県・福岡県・大分県・長崎県・宮城県・鹿児島県・沖縄県

となっています。したがって、ハンズフリーを使った通話自体も

違反になる

と解釈しておいた方が良いでしょう。

追記:

読者の方からご指摘をいただきました。

滋賀県警、群馬県警、長野県警に問い合わせをいただいた結果、それら3県では違反にならないとのことでした。ご指摘くださりありがとうございます。本文を訂正いたしました。

まとめ

いろいろな情報がネット上に上げられていますが、そもそもの目的は「安全」です。他のケースでも同じことを言っていますが、「違反になるか?ならないか?」と言うことよりも、それが「危険か?そうでないか?」と考えてジャッジした方が良いと思います。車を運転しながらの通話は、注意力を会話に向けてしまうので危険であることに変わりはありません。

「違反にならないから通話する」と言うのではなく、あくまで安全にこだわって、安全を確保した状態で通話するように心がけましょう。

運転中のハンズフリー通話にはこれ!おススメ機器5選

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 上原幸子 より:

    群馬県、長野県はハンズフリー通話は大丈夫みたいです。
    ただし、通話する際に携帯を操作しますよね。
    厳密には操作していること自体はNGのようです。
    群馬県から長野県への長距離運転を控えていて、最近話題のあおり運転の被害に遭った場合に
    通報するときどのようにしたら良いかを警察に聞いてみた返答で上記の事を言われました。
    結局は、人の多い駐停車できる場所に車を停め、通報してほしいと言われました。
    また、長いトンネルが各所にあります。トンネルで通報する場合は、待避所に停めて
    携帯が繋がれば携帯から、圏外であれば壁面に付いている緊急電話で通報してほしいそうです。

  2. car-mame より:

    上原さん、情報ありがとうございます。
    実際に警察へ問い合わせていただいた情報は大変参考になりありがたいです。本文を訂正させていただきます。

error: Content is protected !!