ホイールバランスの必要性って?影響や調整費用はどれくらい

車のタイヤ、気にしたことありますか?

タイヤだけでなく、タイヤを装着しているホイールも重要なパーツです。

ホイールバランス

って言葉を聞いたことありませんか?

これ、とっても大切な調整になるんですよね。

今回は、そんなホイールバランスについてまとめてみました。

スポンサーリンク
Sponsored Link

ホイールバランス

タイヤを取り付けるためのホイール。アルミやスチールなどの種類がありますが、これがないとタイヤも車に取り付けることができません。

では、そのホイールバランスっていったいどんなことをするのでしょうか?

ホイールバランスとは

ホイールバランスと言うのは

タイヤ・ホイールを回転させた状態での遠心力のバランスの事

です。言葉では伝わりにくい部分もあると思いますが、要は

タイヤやホイールは真円ではない

ので、バランスのとれた回転にはならないと言うことなんですね。

バランスが悪いとどんな影響があるのか

では、このホイールバランスが悪いとどんな影響があるのでしょうか?

ここでちょっと想像してみてください。

封を開けてない缶コーヒーの缶と、中身が空っぽの缶コーヒーの缶を転がしてみます。どちらがスムーズに転がるでしょうか?

答えは簡単です。中身が空っぽの缶コーヒーの缶ですよね?

中身が入っている缶コーヒーの缶は、中のコーヒーの影響を受けてスムーズに回転しません。これがバランスの悪い状態とお考えください。

それによる影響は次のようなことが考えられます。

車の振動が激しくなる

走行中の振動が発生しやすくなります。特に高速走行時に顕著です。ハンドルがぶれたりして事故につながる場合もあります。

タイヤの片減りなどが起きる

タイヤの重心がどちらかに偏ってしまい、偏った部分の摩耗が激しくなります。その結果、タイヤの寿命が短くなってしまいます。

足回りを中心に故障の可能性が大きくなる

振動は機械ものには大敵です。常にタイヤが振動していれば、それを受け止めている足回り(サスペンションやベアリングなど)が影響を受けます。場合によっては故障につながることもあります。

燃費が悪くなる

スムーズにタイヤが回転していないのですから、車が走るのにも余計な力がかかります。その分、燃費が悪くなってしまうと言う結果になります。

調整のタイミング

では、このホイールバランスはどんなタイミングで実施すればよいのでしょうか?

必ず必要な場合

必ずホイールバランス調整が必要になるのは

タイヤを入れ替えした場合

です。例えば、お気に入りのホイールに新品のタイヤを入れたなどの場合ですね。モノ自体が変わっているので、当然バランスも変わってしまいます。

出来れば調整した方が良い場合

理想としてホイールバランスを調整した方が良いのは

タイヤを脱着した場合

です。例えば、冬タイヤから夏タイヤに交換した場合とか、その逆の場合とかですね。タイヤ屋さんに聞いたところ、必ずしも4本全部を調整する必要はないそうですが、理想は全部調整することだそうです。そして、1シーズン使ったタイヤの9割はバランスが狂っているそうですよ。

気になる費用

調整しなければならない理由はわかりましたが、私たちが一番気になるのはその費用ではないでしょうか?

ホイールバランスの調整と言うのは、「ホイールバランサー」という機械を使ってホイールの歪みを診断し、その歪みを「ウェイト」と呼ばれる重りを付けて調整します。

ちょっと素人でできるようなことじゃありませんね。これはやっぱりプロにお願いするべきと思います。

だいたいの費用感ですが

タイヤ(ホイール)1本あたり1,000円~1,500円

が目安です。もちろん、車種やタイヤのサイズによって金額は前後しますが、4本全部を調整6しても6,000円前後でできてしまうのです。これが高いか安いか…は、みなさんのご判断になりますが…。

まとめ

タイヤのホイールバランス。運転する上での振動や燃費、場合によっては故障にまで関係する重要な調整ということがわかりました。しかも、その調整はそれほど費用がかからないと個人的には思います。1年に1回くらい調整するとしても月額に直せば500円前後ですから、燃費や故障などを考えたら実施すべきではないか?と思います。

タイヤ交換などをされた際は、ぜひホイールバランスの調整も一緒に実施してください。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!