雪道で立ち往生すると罰金!そうなる原因と対策について

寒波が襲ってくると短時間で大雪になることがあります。そんな時には雪国でも除雪が追い付かずに道路は大渋滞となり、車は雪に閉じ込められてしまうような事態になってしまいます。

一方、寒波は普段雪の降らない地域にも雪を降らせ、交通網を麻痺させます。そんな時にも道路は大渋滞となりますが、その原因はノーマルタイヤで走行したためであることが多いそうです。

今回は、冬に時々聞かれる大渋滞や道路での立ち往生について考えてみました。

スポンサーリンク
Sponsored Link

雪道での立ち往生

何も珍しいことではありませんが、雪道で車が立ち往生することはよくある話です。ただ、程度の問題になりますかね。

冒頭でも言いましたが、立ち往生を引き起こす原因で最も多いのが

ノーマルタイヤで走行していたから

なのだそうです。つまり、これは普段雪の降らない地域に雪が降った場合や、外出先で雪の可能性を考慮せずに装備不十分で出かけた・・・などが考えられます。

雪道でのノーマルタイヤ走行は違反

そもそも、雪道をノーマルタイヤで走行すること自体が実は道路交通法違反となります。

根拠となるのは道路交通法第71条6項。

(運転者の遵守事項)
第七一条 車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。
(途中割愛)
六 前各号に掲げるもののほか、道路又は交通の状況により、公安委員会が道路における危険を防止し、その他交通の安全を図るため必要と認めて定めた事項
出典:houko.com
道路における様々な危険に対して対応すべく記載された条文ですが、各都道府県の公安委員会によって内容が違っているようです。しかし、交通の安全を図る目的であることは間違いなく、地域に沿った内容になっているようです。
例えば、雪国でない東京都では
(運転者の遵守事項)
第8条 法第71条第6号の規定により、車両又は路面電車(以下「車両等」という。)の運転者が遵守しなければならない事項は、次に掲げるとおりとする。
(途中割愛)
(6) 積雪又は凍結により明らかにすべると認められる状態にある道路において、自動車又は原動機付自転車を運転するときは、タイヤチェーンを取り付ける等してすべり止めの措置を講ずること。
であるとして、積雪時や凍結時にタイヤチェーンなどのすべり止め措置を講じることになっています。
雪国である新潟県でも
(運転者の遵守事項)
第12条 法第71条第6号の規定に基づき、車両等の運転者が遵守しなければならない事項を次の各号に掲げるとおり定める。
(1) 積雪又は凍結のため、すべるおそれのある道路において自動車又は原動機付自転車を運転するときは、次のいずれかに該当するすべり止めの措置を講ずること。
イ 駆動輪(他の車両をけん引するものにあつては、被けん引車の最後軸輪を含む。)の全タイヤに鎖等を取り付けること。
ロ 全車輪に、すべり止めの性能を有する雪路用タイヤを取り付けること。
出典:http://www1.g-reiki.net/niigataken/reiki_honbun/e4011112001.html
となっており、おそらく各県とも同じような内容になっているものと思います。ですので、ノーマルタイヤ走行と言うか、ノーマルタイヤだけで何のすべり止め措置を講じていない状態での走行は違反であるわけです。

ノーマルタイヤで雪道走行した場合の反則金

もし、ノーマルタイヤで雪道を走行しているところを検挙された場合は、次の反則金が科せられます。

  • 大型車:7,000円
  • 普通車:6,000円
  • 二輪車:6,000円
  • 原 付:5,000円

点数は引かれませんが、罰則以上にノーマルタイヤによる雪道走行は事故に至る可能性が高い行為ですので、絶対にやめていただきたいですね。

立ち往生での罰金

国土交通省は2016年11月22日に

積雪時に幹線道路で立ち往生の原因をつくった車に対し、罰金を科す方向で検討

を始めています。この理由は2015年で発生した国が管理する道路(国道)での立ち往生547件のうち、90%がチェーンを装着していなかったこと。さらに、そのうち25%がノーマルタイヤであったことから、雪道での円滑な交通を確保するためにタイヤチェーンの携行や装着などをドライバーに促すための警鐘であると言えます。

現状は検討されている段階ですが、罰金のあるなしに関わらず雪道を走行する場合の必須装備としてチェーンなどを携行するのがドライバーとしての責務であると言えるのではないでしょうか?

※これまでの立ち往生事例は エンジンかけっぱなしの状態だと何時間もつ?立ち往生時の豆知識 に記載

雪道走行の装備

立ち往生はノーマルタイヤだけに限らず、スタッドレスタイヤなどでも起こります。雪国のドライバーならいざ知らず、雪の降らない地域のドライバーは頻繁に降雪地域を行き来する方でない限り、スタッドレスタイヤを装備していないと思います。

ですので、やはりタイヤチェーンの所持は必須となります。最近では、取り付けしやすいチェーンも多くなっていますので、ご自分のスタイルに合わせて用意されることをお奨めします。

非金属タイヤチェーン

ジャッキアップ不要で素早く装着でき、価格もお手頃です。ゴムチェーンなので金属チェーンのように切れた場合の車体へのダメージも少ないですし、軽くかさばらない(専用収納バッグ付き)ので、降雪地域に出かける際に簡単に積み込みが可能ですね。

金属チェーン

横滑りを防止する亀甲タイプです。これもジャッキアップ不要で取り付け可能なタイプです。ゴムチェーンに比べると、走行時の速度など運転時の制約は多いですが、そもそも雪道でチェーン装着が必要な場合は軽快に走る環境ではありません。ただし、路面状況に応じてこまめな脱着が必要です。

オートソックス

新しいタイヤチェーンとして登場したのがこの「オートソックス」です。タイヤに履かせる靴下と言った感覚ですね。装着もジャッキ不要で、走行時の雑音や振動もチェーンと比較すると小さいと言うメリットがあります。ただし、素材がポロエステルですので耐久性は未知数ですが・・・。

常備するには良い商品かと思います。

スタック脱出用具

雪道で立ち往生してしまった。スタックしてしまった場合、脱出するのに便利な用具や必要な用具です。

スグラ

スタックし空転しているタイヤの間に挟むだけの商品です。常備しておくと良いでしょうね。

古くなった毛布などでも代用できますよ。

アルミスコップ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アルミ角スコップ 万歳 S501Y
価格:1058円(税込、送料別) (2018/1/10時点) 

車の周囲を除雪するのに必要です。プラ製のものが多い昨今ですが、やはりアルミ製のものをお奨めします。カタい雪などにも対応できますからね。雪国では車に常備しています。

まとめ

雪道での立ち往生を起こしてしまった場合の罰金制度が決まったわけではありません。

しかし、過去の例を見るまでもなく、一度立ち往生が起きてしまうと大変な事態となり得ます。幹線道路であった場合はなおさらのことで、立ち往生したことによる物流の麻痺や当該地域の交通麻痺に加え、降り続く雪を除雪できないことによる二次、三次被害にも及ぶことになり、大変な経済損失を招くことになります。

そのような事態を引き起こさないためにも、雪が降っても安全な走行ができるようにすべり止め装備を準備しておくことが大切になります。非降雪地域の方も、タイヤチェーンなどを常備することを心がけてください。また、降雪地域でスタッドレスを常用している方も、最悪の事態を想定してタイヤチェーンを準備しましょう。

何事も、備えあれば憂いなし・・・と言うことでしょうね。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!