任意保険は入らないとダメなの?自動車保険の必要性について

車の免許を取ってマイカーを購入することになったら、何はともあれ

自動車保険に入る

ことが必要になります。強制加入の自賠責保険はともかく、任意保険と言われている自動車保険は

やっぱり入らないとダメ?

入らなかったらどうなるの?

と思う方もいるのではないでしょうか?

今回は、そんな任意保険も含めた自動車保険のことについて考えてみました。

スポンサーリンク
Sponsored Link

自動車保険とは

まず、自動車保険には2種類あるのをご存知だと思います。

  • 自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)
  • 任意保険

です。任意保険と言う呼び名は、自賠責保険のことを強制保険と呼んでいたため、強制に対して任意・・・と言う意味で使われたのだそうです。

自賠責保険

自賠責保険(じばいせきほけん)は、正式には

自動車損害賠償責任保険(じどうしゃそんがいばいしょうせきにんほけん)

と言います。これは、国が定めた「自動車損害賠償保障法」によって、自動車の所有者に加入が義務付けられた保険です。その目的は

交通事故による被害者を救済するため、加害者が負うべき経済的な負担を補てんすることにより、基本的な対人賠償を確保すること

であり、もし未加入の場合は罰せられます。

保険の対象は所有している自動車1台1台につき1契約となり、言い換えれば

車本体に掛ける保険である

と言うこともできるでしょう。

自賠責の補償内容

自賠責保険は法律で決められた保険のため、どの保険会社で加入しても一律で補償内容も同一となっています。

障害による損害

障害(怪我)などへの補償は、被害者1名に対して120万円が限度となっています。被害者が2人以上の場合でも、それぞれの方に対して120万円を限度として支払われます。

後遺障害による損害

事故により後遺症が残ってしまった場合の補償です。後遺症の程度に応じて75万円~4,000万円が支払われます。特に、介護が必要な障害の場合が被害者1名につき最大4,000万円となります。介護を必要としない場合は最大3,000万円となります。

死亡による損害

事故により被害者が死亡してしまった場合、被害者1名につき最大3,000万円まで支払われます。

保険料

自賠責保険の保険料は以下のようになります。(2018年1月現在)

60ヶ月 48ヶ月 36ヶ月 24ヶ月
自家用自動車 35,950円 25,830円
軽自動車 34,820円 25,070円
軽二輪
(125ccを超え
250cc以下)
22,510円 19,140円 15,720円 12,220円
原動機付自転車
(125cc以下)
16,990円 14,690円 12,340円 9,950円
※離島以外の地域(沖縄県を除く)に適用する保険料(共済掛金)

任意保険

一方、任意保険は自動車の所有者が自分の意思によって加入する保険です。従って、加入しようがしまいが自由である・・・と言うことができます。

任意保険は、各保険会社が様々な商品を用意しており、保障される内容も幅広く自賠責の比ではありません。そのため、補償内容によって

保険金が高くなる

と言う側面もあり、加入するのをためらう方がいるのも事実だろうと思います。

任意保険では

  • 賠償責任保険
  • 障害保険
  • 車両保険

の3つに分けることができます。

賠償責任保険

賠償責任保険には、次のものがあります。

対人賠償保険

他人に怪我をさせたり、死亡させてしまった場合に適用される保険

対物賠償保険

他人の車や壁、電柱やガードレールと言った構造物に損害を与えた場合に適用される保険

障害保険

障害保険には、次のようなものがあります。

搭乗者傷害保険

運転手を含む、自動車に乗車していた人の怪我や死亡等に対して適用される保険

自損事故保険

自分だけで起こした単独事故(他の誰も巻き込まなかった事故)の場合に適用される保険

無保険者障害保険

相手が対人賠償保険に加入していなかったり、加入していても保険金が少なく賠償金を支払う能力が無い場合に適用される保険

人身傷害補償保険

怪我等の治療費を自身の分も含めて全額負担される保険

車両保険

自分の車が壊れた場合に適用される保険

任意保険の補償内容

任意保険の補償内容は、それぞれの契約によって変動するため一概に言えません。しかし、対人補償の場合で、自賠責では死亡の場合最大3,000万円であったのに対し、任意の場合は1億円だったり無制限だったりと、自分の状況に応じて補償を設定できます。

また、自賠責では対人賠償のみでしたが、任意保険では対物賠償や搭乗者賠償、車両保険など幅広く対応することができるので

自賠責では補償されないリスクを補填するための保険

と言う位置づけと言うのが今や常識となっています。

自動車保険 見積もり

任意保険の必要性

これまで、自動車保険の自賠責と任意の内容について見てきました。

ルールだけを見た場合、任意保険は加入するもしないも自由ではありますが、やはり車を運転する以上は様々な事故リスクが常に存在しています。

自賠責では賄えないケースも

誰でも交通事故を起こしたり、起こされたりしたくないのは当然です。

しかし、いつ自分がその当事者になるとも限りません。そして、その事故によっては

とてつもない金額の補償額

になってしまう場合もあるようです。

当然、自賠責保険では賄えないような金額です。

過去の交通事故民事裁判による判例の賠償額を見ると

(項目は賠償額、裁判所・年度、性別、認定等級の順)

  1. 5億843万円、横浜地裁・平成23年、男性、死亡事故
  2. 3億7,829万円、名古屋地裁・平成23年、男性、1級1号
  3. 3億6,756万円、名古屋地裁・平成17年、男性、1級3号
  4. 3億5,936万円、大阪地裁・平成19年、男性、1級1号
  5. 3億5,250万円、大阪地裁・平成18年、男性、死亡

がTOP5となっており、いずれも3億を超えています。また、ランク30位でも2億7千万と軽く億超えです。これらの金額は、任意保険に加入して必要な補償を付加していれば保険から支払われます。しかし、自賠責しか加入していない場合は、自賠責の補償範囲を超える部分は

自分自身で支払わなくてはならない

と言うことになります。

このような状況を見ると、やはり自賠責保険だけでは様々なリスクに対応できない可能性が高いと言えます。

無保険者に対しても有効

万一、自分の事故相手が無保険だった場合どうしますか?

自分の損害賠償が自賠責範囲でしか受け取ることができず、それを超える部分は相手の自己補償となったとしても確実に受け取れる可能性は低いでしょう。

無保険(任意保険未加入)状態と言うのは、事故を起こしたことだけでなく、その後の補償においても更に相手(被害者)に迷惑をかけることになるのです。

逆に、任意保険では無保険者障害保険があります。自身の不幸をもカバーしてくれる可能性がありますので、やはり

加入するのは必須である

と言えるのではないでしょうか?

まとめ

自動車保険に入るのは当たり前である・・・と言うのが共通の認識ではありません。

もちろん、それぞれの事情があるでしょう。ですが、車と言う乗り物を使う以上は

事故に備えるのは当然の責務

であると言えます。また、その損害に対する賠償も当然であり、それができないのであれば車に乗るべきではないと個人的には思います。

交通事故は21世紀になった現在でもなくなっていません。未だに多くの方が交通事故によって亡くなったり怪我をしたり、後遺症に苦しんだりしています。

そんな交通事故を起こさないのが一番ですが、不幸にもそうなってしまった場合でも、責任ある補償ができるようにすることが必要です。

自分の人生を棒に振ってしまうだけでなく、他人の人生をも破壊してしまう可能性のある交通事故。

そんなことにならないように、できること(任意保険に加入すること)はやっておきたいものですね。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!