あおり運転は犯罪です!強化された罰則と対処法について

あおり運転。最近社会問題になっている話題でもありますよね。

車を運転していて、後続の車からあおられた(と感じた)経験のある方は多いのではないでしょうか?

2017年6月に東名高速道路で発生したあおり運転が元による死亡事故がきっかけで、あおり運転に対する世間の目も厳しくなりました。

今回は、そんなあおり運転について考えてみました。

スポンサーリンク
Sponsored Link

あおり運転とは

まず、あおり運転について調べてみました。何をもって「あおり運転」なのでしょうか?

煽り運転(あおりうんてん)とは、前方を走行する車に対して、進路を譲るよう強要する行為であり、車間距離を詰めて異常接近したり追い回す、ハイビーム・パッシング・クラクション・幅寄せなどによって相手を威嚇する、嫌がらせをするなどの行為

wikiより引用

自分の後ろにいる車が、車間距離を詰めて追い立ててきたり、車を左右に蛇行させたりして、進路を譲るように威嚇や嫌がらせをするような行動のことを言います。

何故あおり運転をするのか

あおり運転は、実は自分も知らないうちにやっているかもしれない・・・と言うことも考えておかなければなりません。先ほどの定義からすると

車間を詰めて運転

すること自体が、前車のドライバーに対して威圧的な行為であると言えます。そして、そのようなことを知らないうちに行っている可能性があります。

急いでいる時

最も可能性があるのが

急いでいる時

ではないでしょうか?

そのような場合に、自分の前に法定速度キッチリ(例えば時速40Kmならば、メーター読みで時速40Kmキッチリ)で走行する車がいた場合に

なんだよーおっせーなぁ!速く行ってくれよー!!

なんて思って前車に接近することもあるのではないでしょうか?私もこのような経験は何度もあります。これがエスカレートすると、危険なあおりになってしまうのでしょう。

マナーが悪いと感じた時

走行中に突然割り込まれたり、ウィンカーを出さずに車線変更を繰り返したりとマナーの悪いドライバーは時々見かけます。そんな場合に苛立たしさを隠せずに、つい正義感ぶって

その車を後方から追跡してしまう

なんてこともあるのではないでしょうか?

こんなケースの場合は、逆にマナーの悪いドライバーがキレてしまう結果になる可能性があります。東名高速のケースでも、これに近いのではないでしょうか?

弱者いじめ

前車のドライバーがお年寄りや年配者だったり、女性だったりした場合に

トロトロ走るんじゃねぇ!!

と思って威嚇するケースです。まさに

弱い者いじめ

ですね。

しかし、このようなことが実際に起きていますし、自分でもやってしまう可能性があります。

あおり運転は犯罪です

しかし、これら「あおり運転」と称される行為は明確な犯罪行為であり道路交通法違反です。

まず、車間距離を詰めて威嚇することになりますので、この行為は

道路交通法第26条

(車間距離の保持)
第二六条 車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない。

に該当します。また、あおり運転が原因で事故を起こしてしまった場合には

危険運転致死傷罪

になります。罰則は最長で20年以下の懲役(加重により最長30年以下)、また運転免許は基礎点数45 – 62点により免許取消・欠格期間5~8年の行政処分を受ける可能性があるのです。

さらに厳罰化

2017年12月に、警察庁はあおり運転の罰則を強化し厳罰化の方向に動いています。

事故に至らなくても、あおり運転を行ったドライバーに対しては

危険性帯有者

として、違反の累積がなくても一発で免許停止処分になります。

これには、2017年6月に東名高速道路で発生したあおり運転による死亡事故がキッカケとなっていますが、悪質なドライバーに対してはあらゆる手段で取締り、厳しく対応するとした強い意志が感じられます。

この危険性帯有者とは、道蕗交通法103条に1号~8号まで記載があり、道交法103条8号は

「前各号に掲げるもののほか、免許を受けた者が自動車等を運転することが著しく道路における交通の危険を生じさせるおそれがあるとき」

と記載されており、これが根拠となります。

交通違反切符の色による違いの意味は?反則金や行政処分についても

あおり運転への対処

加害者にも被害者にもなる可能性のある「あおり運転」ですが、被害を受けた場合はどう対処すれば良いのでしょうか?

とにかく道を譲れ

あおり運転を行うドライバーは、先に進みたいと言うのが大きな理由になっています。急いでいるとか、自分(被害者)の走り方が気に入らないとか、様々な理由で先に行きたい訳です。

ですので、相手の希望をかなえてあげればそれ以上あおられることはないでしょうから

とにかく道を譲ってしまうこと

が重要となります。間違っても、急ブレーキを踏んだり不安定な動きで相手を刺激しないようにしましょう。一般道で路肩に停車できるような場合でしたら、即道を譲るのが得策です。

あおられても無視

また、執拗にあおってくる場合は

とにかく無視すること

が重要です。あおりにあおりで応じてはいけませんし、あおりから逃れるために必要以上に速度を上げるなんてことも厳禁です。それによって事故を誘発する可能性がありますし、何より他人を巻き込む可能性が高くなってしまいます。

もし、停車した(させられた)場合で相手が車から降りてきても、自分は決して車から降りてはいけません。できれば相手にしないことが肝要です。

必要に応じて警察に通報するなどの手段をとりましょう。

ドライブレコーダーは有効

このようなケースでも、ドライブレコーダーはとても有効です。相手のあおり行為が動画で記録されていれば、そのまま証拠として警察に提出することができます。また、相手が車から降りてきて、自分を恫喝や脅迫した場合でも、その行為が動画に残りますので同様です。

あおり運手は後方から行われるのが常ですので、ドライブレコーダーは前と後の2か所に設置するか、後の画像も録画できるタイプが望ましいでしょう。

あおり運転対策にも!ドライブレコーダーの前後撮影モデル5選

まとめ

あおり運転は社会問題化した犯罪であり、場合によっては大きな事故につながってしまいます。さらに、人の命を奪ってしまうことになってしまうのです。

一時のイライラなどの感情から、ついつい荒っぽい運転になってしまいがちですが、そんな時も余裕を持って運転することで、自らがあおり運転実行者にならないように心がけましょう。

また、相手に煽られてしまった場合も意地にならず、素直に道を譲るなど寛大な心で対処することで、余計な面倒に巻き込まれないようにしたいものです。

ただし、それでも不幸にしてトラブルに巻き込まれてしまった場合を想定し、ドライブレコーダーなどを設置しておきましょう。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!