シガーライター電源の容量は?その仕組みと便利グッズも

今や電気を使うグッズがたくさんありますよね?

スマートフォンなどを筆頭にして、常時使うので車の中で充電したかったり、可能ならば車のシガーライターから電源を取ってしまいたい・・・なんて場合もあると思います。

シガーライターって電源容量いくらまで大丈夫なの?

って考えたことありませんか。

スマホの充電くらいならばまだしも、車内で使うドライブレコーダーとかレーダー探知機とか、そんな電装品もシガーライターから取ってることもありますよね?

今回はシガーライターの電源容量と

そもそもシガーライターって何?

ってことについて考えてみました。

スポンサーリンク
Sponsored Link

シガーライター

シガーライターと言うのは

車に装備されたタバコの着火装置のこと

を言います。

その仕組みと使用方法は

車のダッシュボードに備え付けられているシガーソケットには、シガーライターが取り付けられています。使用するときはこのシガーソケットを奥に押し込むことで、シガーライターの渦巻き状の電熱線に通電されて電熱線が赤熱します。十分に赤熱すると押し込まれていたシガーソケットが押し戻されるので、それを手に取って赤熱部分にタバコをあてて着火する

と言うものです。

最近の車ではオプションの場合も

このシガーライターですが、最近の車にはソケットだけあってシガーライターが装備されていないもの、ソケットすらないものもあります。

オプション扱いになっているようです。

最近は、タバコを吸う人も少なくなっているそうですし、車の中では吸わないとか、企業の営業車などは禁煙としているところも多いので、このようになっているのではないか?と勝手に思っていますが・・・。

車内電源コンセント

以前からそうなのですが、このシガーライターソケットは

車内での電源コンセント

としての役割を担っていました。現在に至っては、その性格がますます大きくなったと言えるのではないでしょうか?

車内で使うことを想定に販売されている電気製品では、そのほとんどが

シガーライターから電源を取るような仕様

になっています。そのため、通常は1つしかないソケットを増設しなければ使えないケースもあり、今やシガーライターソケットは

タコ足配線状態

であると言っても過言ではないでしょう。

これって危険じゃないの?容量はいくらまで大丈夫なんでしょうね?

容量は10Aから15A

シガーライターソケットに配線されている上流には、必ずトラブルを防止するためにヒューズが取り付けられています。各メーカー各車種によって多少の違いはあるかもしれませんが、シガーライターへ供給されるラインのヒューズは

10A(アンペア)~15A(アンペア)

であることが多いです。従って、この範囲であれば仮にタコ足状態でソケットを増設していたとしても、問題なく使えると言えるでしょう。

※ご自分の車で確認しておいてください(取扱い説明書やヒューズBOXで確認できます)

ちなみにこの15Aですが、仕事量のW(ワット)に変換すると次のようになります。

12V × 15A = 180W(ワット)

となります。10Aの場合は120Wになります。

一般的なドライブレコーダーの消費電力は5Wですので、単純にドラレコを36台(180Wの場合)接続できるわけです。まぁ、そんなことはありませんが。

また、スマホを充電する際に必要な消費電力は概ね10W以下と言われていますので、スマホやタブレット数台を同時に充電したとしても問題ないと言えます。

いずれにしても、ヒューズの容量以上で利用することはできませんので、利用する機器の消費電力の合計がその範囲に収まることが重要です。

便利グッズ

サンワサプライ USB付き3連ソケット(シガーライターソケット用) CAR-CHR60CU

シガーライターソケットが1つしかない場合、いろいろと不便になることが多いです。

そんな場合は増設できるグッズを使いましょう。

オモテ面のスイッチで増設したシガーライターソケットのON/OFFができます。また、USBポートが1ポート付いています。

ポート 3口 3連 12V 24V USBシガーソケット充電器

USBシガーソケットです。ポートが3つ付いてます。

これ1個でスマホ3台充電できます!!場所も取らず便利です。

インバーター カーインバーター 12V 24V 100V変換 150W 周波数 50Hz 60Hz 切替可能 車 シガーソケット 車載用充電器 USB 電源 変換 カー用品 疑似正弦波

車内でAC100V電源を取るための機器です。これがあれば家にある電化製品を車内で使うことも可能ですよね。

USBポートも装備しています。そもそもコンセント用の充電器がそのまま使えます。

※この製品は出力が150Wですが、そもそもシガーソケットの容量が120Wの場合はその容量を超えることはできません。

このような便利グッズを使うことで、車内における電気製品を上手に使う環境を整えましょう。

まとめ

いまや当初の目的から電源用コンセントと変貌してしまったシガーライターソケットですが、その使用できる容量は概ね

10A(アンペア)~15A(アンペア)

であり、電力にすると

120W(ワット)~180W(ワット)相当

であることがわかりました。この容量は車内で常時利用するドライブレコーダー(消費電力5W程度)や、レーダー探知機(消費電力5W程度)を使いながらであっても、スマホを複数台同時に充電することが可能です。

さらに、便利に使うためにはソケットを増設する機器を利用したり、インバーターを使うことでAC100V電源を供給できるようになるので、家庭で使っている機器(もちろん消費電力内のものに限られますが)も車内で使うことができるようになります。

車で使うコンセント!インバーターの仕組みや選び方について

個人的には、シガーソケットはUSB用電源やインバーター用として考え、ドラレコやレーダー探知機などはアクセサリー電源から直取りするのがスマートな方法かと思いますが、やむを得ない場合でも十分使えるだけの容量があることがわかりました。

とは言え、やはり電気ですので取扱いには十分ご注意くださいませ。

スポンサーリンク
Sponsored Link

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Sponsored Link
error: Content is protected !!