EV車の暖房ってどんな仕組み?走行に影響はないの

車もハイブリッド車やEV車など、どんどんエコな方向に移り変わっています。

それはそれで良いことだろうと思うのですが、この冬の寒さの中でフッと思ったのが

EV(電気自動車)車って暖房どうしてるの?

ってことです。

電池(バッテリー)で走るEV車は、自身の構造で効率よく発熱するものを持っていません。

一体どうなっているのか・・・について調べてみました。

スポンサーリンク
Sponsored Link

車の暖房

EV車に限らず、車に乗る上で暖房装置はとても重要です。冬場のドライブなんかでは必需品ですし、昨今耳にする「立ち往生」なんかでは暖房がなければ生死に関わる問題でもあります。

一般車の暖房

一般車って言う表現を使いましたが、いわゆるエンジン(内燃機関)によって動力を得ている自動車のことをここでは指しています。ガソリン車、ディーゼル車などのことです。

これら一般車の暖房はどうなっているのかと言うと

エンジンが動作することによって発生した熱をそのまま利用している

と言うのが原理になります。

つまり、暖房装置が車に取り付けられているのではなく、エンジンが動くことによって自然に発生する熱を利用して、温風を作り出していると言うわけです。ですので、これ自体には特別なエネルギーを使っているわけではありません。

エンジンは、逆にその熱を冷却するためにラジエターなどの装置が付いているくらいですから、ある意味

エネルギーの有効活用

をしていると言えます。

EV車の暖房

それに比べてEV車はどうでしょう?

EV車は、電池(バッテリー)によって電動機(モーター)を回転させて走る車です。厳密に言えば、おそらくバッテリーも発熱するでしょうし、モーターも回転すれば熱を出すと思います。

ですが、エンジンに比べると

発熱しないに等しい

程度のものです。ですので、EV車には暖房用の装置を別に取り付ける必要があるのです。

PTCヒーター

EV車の暖房に用いられるものの一つにPTCヒーターがあります。PTCとは

Positive Temperature Coefficient(正温度係数)

の略で、温度上昇とともに電気抵抗が増える性質の半導体を言います。

この性質によって、一定温度以上にならないよう安全性を確保する仕組みになっています。

このPTCヒーターは簡単に言えば

電熱器

です。電熱器によって空気を暖める空気加熱PTCヒーターと、水を加熱する水加熱PTCヒーターがあります。

空気加熱PTCヒーターは、即暖性が高いのですが安全性に課題があります。一方の水加熱PTCヒーターは即暖性は低いですが安全性が高いので、どちらかと言えば水加熱PTCヒーターが多く使われています。

ただし、いずれも電熱器ですので電気を多く消費します。

ヒートポンプ

EV車の暖房方式でもう一つはヒートポンプがあります。

このヒートポンプはエアコンと同じような仕組みで、電気によって圧縮機(コンプレッサー)を動かし、大気中から熱を利用して暖房を行うものです。その工程は

  1. 大気の熱を集め
  2. 高温の熱に圧縮
  3. 車内の空気に熱を当て温度を上げる
  4. 温度の上がった空気をエアコン吹き出し口から車内に送る
  5. 熱は減圧し低温にして車外に放出する

と言う流れになります。

こちらも電気で駆動しますが、使うのはコンプレッサーなので電熱に比べると電気の消費量は少なくなります。現在のEV車はヒートポンプが搭載されてきています。

EV車は冬に弱い

これまでの暖房の仕組みを見ていると、やはり

EV車は冬に弱い

と言う気がします。厳冬期には快適なドライブができるのか心配になってしまいます。

また、暖房には電気を使いますので、

やはり航続距離に少なからず影響を及ぼしてしまう

と言うのが現実のようです。

暖房の工夫

それらを補うには、ドライバー自身で暖房を工夫することも必要なのかもしれません。

衣服で調整

最も原始的ですが効果的なのが、自分の衣服で調整することでしょう。暖かい恰好で車に乗るのは「なんだかな~」って気もしますが、これが一番身を守るのに適している方法かもしれません。万一、立ち往生などに見舞われても、自身が厚着ならば何とか凌げるのかも?

カイロや暖房グッズを利用

ホッカイロやホットベストなど、現在では様々な防寒・耐寒グッズが売られています。そのようなEV車の電気を使用しない暖かグッズを使って暖を取ることも快適な冬のドライブに必要なのかもしれません。

シートやステアリングヒーター

こちらはEV車の電気を使ってしまいますが、暖房を入れるよりは効率が高い方法です。シートやステアリングなど、身体に触れる部分を直接暖めることで、少ないエネルギーで暖を取ることができます。

まとめ

EV車の暖房は、やはり基本的にはバッテリー(電気)を使って電熱やコンプレッサーなどの装置を動かして熱を得る方式でした。そのため、本来は走行するためのエネルギーである電池を消費してしまうことで

走行可能距離が少なくなる

などの影響が少なからず発生します。これはEV車である以上、仕方のないことなのかもしれません。

それらを補うには、ドライバー自身が他の方法で暖を取る工夫を行うのが一番良いようです。

EV車に乗るには、まだまだ利便性を考えなければならないのが現実なのでしょうね。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 名無しさん より:

    こういう具体的なことを無視して電気自動車だけにしようとしてるんだよな
    こういうことを決めてる人って自分じゃ運転しない無知で偉そうな人だからね

error: Content is protected !!