サンダル運転は違反なの?履いて良い靴とダメな靴

車に乗るときに、ちょっとそこまで行く程度だったら

サンダル

を履いて運転したりしていませんか?

それから、車内を土足禁止にしている方なんかで

スリッパ

で運転してる人とか?

それって大丈夫なんでしょうか?

今回は、運転する場合に履いても良い靴やダメな靴について考えてみました。

スポンサーリンク
Sponsored Link

サンダル履き運転は違反

いきなりのタイトルですが、サンダルを履いて車を運転するのは違反になります。ご存知でしたか?

これ、意外と知らない人がいて、結構やってしまうんですよね。夏場なんかは特に見かけることもあります。

安全運転義務違反

サンダル履きによる運転が違反である理由は

(安全運転の義務)
第七十条 車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぽさないような速度と方法で運転しなければならない。
(罰則 第百十九条第一項第九号〔三月以下の懲役又は五万円以下の罰金〕、同条第二項〔十万円以下の罰金〕)

引用:http://www.takaragaike.co.jp/doukou/d_main.htm

によります。この第70条「安全運転の義務」に違反することになります。

サンダルがダメな理由

サンダル履きによる運転が違反になる理由が「安全運転義務違反」であることはわかりました。

サンダルが安全ではない理由として

ブレーキその他の装置を確実に操作し

という部分に抵触するのです。サンダルは、単に足を入れているだけであり、サンダルと足はベルトなどで固定されてはいません。ですので、何かの理由で脱げたり、中途半端に履いた状態になったりすることで

咄嗟のブレーキ操作やアクセル操作などが妨げられる危険がある

というのが理由でしょう。これは、各都道府県の公安委員会が交通規則として定めています。

東京都の道路交通規則には

(運転者の遵守事項)
第8条 法第71条第6号の規定により、車両又は路面電車(以下「車両等」という。)の運転者が遵守しなければならない事項は、次に掲げるとおりとする。
というのがあり、その中には
(2) 木製サンダル、げた等運転操作に支障を及ぼすおそれのあるはき物をはいて車両等(軽車両を除く。)を運転しないこと。
と明示されているのです。

大阪府の道路交通規則にも同様の記載があります。

(運転者の遵守事項)

第13条 法第71条第6号の規定により車両等の運転者が遵守しなければならない事項は、次に掲げるとおりとする。

(4) げた又は運転を誤るおそれのあるスリッパ等を履いて、車両(軽車両を除く。)を運転しないこと。

引用:http://www.pref.osaka.lg.jp/houbun/reiki/reiki_honbun/k201RG00001084.html

これらの規則は全国の都道府県でも同様の扱いとなっていますので、サンダル履きでの運転は違反と言うことになるわけですね。

この違反を犯してしまうと

  • 普通車:6,000円
  • 中・大型車:7,000円

の反則金となります。

履いたらダメな靴・良い靴

それでは、サンダル以外にも履いて運転してはいけない靴があります。

それらは概ね

  • かかとを留める構造のないスリッパ
  • サンダル(わらじ式のものを除く)
  • つっかけ草履

と言う特徴があります。

「大阪府道路交通規則の運用等について」と言う文書には

2 運転者の遵守事項(第13条関係)
(1) 第4号は、げた及び運転を誤るおそれのあるスリッパ等の履物を履いて自動車等を運転することを禁止したものである。ここにいう「スリッパ」は、かかとをとめる装置がなく運転中足に定着しないため脱落しやすいことから運転を誤るおそれがあると認められるものであるが、通常、運転を誤るおそれがあると認められる履物には、このスリッパのほか、サンダル(わらじ式のものを除く。)、つっかけ草履等があり、いずれも足に対して定(密)着性を欠き、その形状、性能から運転操作の過程において脱落等の不安定な状態が起こり、運転を誤るおそれがあると認められる。しかし、どの履物がこれに当たるかは、当該車両と履物について個別に判断しなければならない。 なお、草履等については、鼻緒があり、底が比較的薄く平らで、柔軟性があって足に定着し、しかも形態も特異なものでなく、運転操作の過程で脱落する等運転の妨げとなるおそれがないものであれば、これに含まれないものとする。

引用:https://www.police.pref.osaka.jp/01sogo/law/kotsu/html/62kotsu_1670_1.html

と記載されています。この内容が、ダメな靴と良い靴を判断する基準になると言えるでしょうね。

履いたらダメな靴

下駄

道路交通規則にも書かれていましたが、下駄は底が安定した形状ではないので、そもそも運転には向きません。場合によっては、底板が何かに挟まってしまう危険もあり得ます。

木製サンダルやスリッパ

サンダルがダメな理由と同じです。足に固定されていないのが問題です。

厚底サンダルなど

厚底のサンダルや靴などもダメな靴になります。安定性に欠くことや、必要以上に底が厚いと、アクセルやブレーキを踏んだ感覚が上手く伝わらなかったり、厚いせいで狭い運転席の足元スペースで何かに干渉するなどの危険もあるからでしょうね。

ハイヒール

これも安定性に欠ける靴だからでしょう。厚底と同様な危険性がありますよね。

履いても良い靴

かかとのあるサンダルなど

足に固定できる構造のあるサンダルは、履いても良い靴になります。

まとめ

一概に言えない部分はありますが、やはり車を運転する場合には安全が最優先と言うことになります。履いても良い靴としては

底が平らで薄く、足にしっかり固定される靴

と言えそうです。ですので、通常履くような靴(ビジネスシューズ)や運動靴などはもちろんOKです。

細かいことを言い出せばキリがありませんが、大丈夫かNGか?と言う判断は

運転操作の過程で脱落する等運転の妨げとなるおそれがないもの

ということに尽きるのではないでしょうか?

車は足でも操作する乗り物です。しかも、それはスピードを制御すると言う重要な役割を担っています。それを常に安全に操作できることが必要な靴を履いて、運転するようにしましょう。

交通違反切符の色による違いの意味は?反則金や行政処分についても

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!