運転中のハンズフリー通話にはこれ!おススメ機器5選

車を運転している最中に電話をしなければならない時もあったりしますよね?

本来ならば車を安全な場所に停車させてから通話するのがルールなのですが、そうもいかない場合もあったりするのが現実です。

ハンズフリーならば問題ないと思いがちですが、これも一概にそうとも言えないこともあります。

今回は、そんな場合に便利なハンズフリー機器を調べてみました。

スポンサーリンク
Sponsored Link

車での携帯電話による通話

車を運転しながらの携帯電話(スマートフォンなど)の使用は道路交通法によって禁じられています。携帯電話の使用に関して道路交通法第71条5の5では

自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。)を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。第百二十条第一項第十一号において「無線通話装置」という。)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第四十一条第十六号 若しくは第十七号 又は第四十四条第十一号 に規定する装置であるものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)に表示された画像を注視しないこと。

道路交通法より引用

とされています。この条文で違反になると言っているのは

  • 車を運転している最中に携帯電話を手で持って通話した場合
  • 車を運転している最中に車に取り付けられたり持ち込まれたカーナビやスマホなどの画像を表示する装置の画面を注視した場合

となります。ただし、車が停止している時は良いとなっています。

また、これに限らずスマホなどの携帯電話機器を運転しながら使用する「ながら運転」には罰則強化される方向にあります。

スマホのながら運転厳罰化はいつから?気になる罰則内容もチェック

これらも念頭において携帯電話の利用を考えなければなりません。

ハンズフリー通話の是非

条文の「携帯電話を手で持って通話した場合」と言う部分だけを見れば

手に持たなければ通話しても良い

と解釈できますが、実際にはそうとも言えない場合もあります。それは

各都道府県の条例によって禁止されている場合がある

からです。

詳細については 運転中のハンズフリー通話は違反?その理由とは? で記載しておりますので、お時間があればご覧いただければと思います。

今回選定したハンズフリー機器も、運転中のハンズフリー通話は違反?その理由とは? で導いた結論に従って行っています。

ハンズフリー機器

それでは、車で使えるハンズフリー機器をご紹介します。

サンワダイレクト GBC-1000

携帯電話(スマートフォン)とはBluetoothで接続して使用します。写真のようにサンバイザーに簡単取り付けできます。スマホとこの機器だけでハンズフリー通話が実現できます。

Bluetoothの設定も簡単です。また、人感センサーが内臓されているので、電源を入れっぱなしであったとしても人が車から離れて3分経過すると自動的にスリープモードに移行しますので、無駄なバッテリー消費が抑えられます。

大きさもタテ6.2cmヨコ11.8cm暑さ0.9cmとコンパクトながら、通話可能時間は28時間と一度の充電でも長く安心して使えます。

この手の機器は車に固定しなくても、持ち運んで利用できる点が良いところではないでしょうか?自分の車だけでなく、仕事で利用する車やレジャー時のレンタカー利用など、これ1台で車での通話に関しては用を成してくれます。

おススメの1台だと思いますね。

Ewin FMトランスミッター Bluetooth

シガーソケットに取り付けるFMトランスミッタ―タイプのハンズフリー通話対応機器です。

こちらもBluetoothでスマホと接続し、音声などをFM(機器指定の周波数)電波で送信し、カーラジオで聞くタイプとなります。

こちらの用途としては、スマホなどの機器にセットされた音源(音楽素材)をカーオーディオで再生して楽しむことがメインのユーザー向けになるかと思います。電話がかかってきてハンズフリーで対応する時も簡単操作で切り替えが可能です。

何より電源の心配が不要なのと、ディスプレイが付いたスタイリッシュな外見が良いと思いますね。シガーソケットを塞いでしまってもUSBソケットが2つ付いている(1つはQC3.0急速充電対応)のでスマホの電源としても同時利用可能です。

ハンドルかけ型ハンズフリー

こちらも機器単体でハンズフリー通話が可能なタイプですが、ご覧のようにハンドルに取り付けできるタイプとなります。

接続はBluetoothで接続します。音楽再生などにも対応していますが、基本的には通話専用で利用するタイプかな?と思いますね。

価格も安価な分、通話時間は5時間と短めですが、着信時に英語で相手の電話番号を通知してくれる機能や、ペアリングを2台まで記憶できるので、複数台のスマホを利用する際にはいちいちペアリングのやり直しが防げて良いかもしれません。

何より、ハンドルに固定しますので操作が楽です。

Bluetooth 車載 スピーカー(ブラック / ホワイト)

こちらは車載用のスピーカータイプになります。ダッシュボードやドリンクホルダーなどに置いて使うのが現実的なのかな?と思います。

できることは

  • 電話の着信応答📞
    (会話終了時に)通話を切る
  • リダイヤル — 接続している電話から最後に発信した相手にリダイヤル
  • 着信拒否
  • スピーカーフォンから通常の携帯電話への通話に切り替え
  • 携帯電話通話からスピーカーフォンへの切り替え(要ペアリング接続)
  • 音楽鑑賞(^^♪

で、できないことは

  • スピーカーからの音量調整(携帯電話など、接続機器からコントロール)
  • Walkmanとのペアリング接続

です。ハンズフリー機器だけでなくアウトドアなどのスピーカーとしても使えるのでコスパも良いのかな?と思いますがどうでしょう?

2DIN 10.1インチ カーナビ DVDプレーヤー

こちらはカーナビやDVD、ワンセグ(フルセグ)、ラジオ(AM、FM)のフルスペックカーオーディオですが、当然のことながらハンズフリー機能も搭載されています。

カーオーディオやワンセグ、あるいはナビを購入または買い替えを検討されている方でしたら、いっそのことハンズフリー機能を持ったものに交換すればそれで済みますね。

基本的にはスマホなどとBluetoothで接続してスピーカーから聞くタイプになります。

まとめ

ハンズフリー通話には、スピーカータイプやイヤホンタイプなどがありますが、当サイトではあくまでスピーカータイプにこだわって機器をご紹介いたしました。

もちろん、ご自身の使い勝手や好みもあるかと思いますので、最終的にはご自身で選んでいただくことになります。

ハンズフリー通話ができるからといつも走行しながら通話するのではなく、安全な場所で停止してから通話することが基本になると思います。

いずれにしても安全最優先で車に乗ることはドライバーの義務ですから、肝に銘じておきたいと思います。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!