エンジンオイルの交換時期っていつ?判断基準とメーカー推奨値も

エンジンオイルは定期的に交換することぐらいは知っていますよね?

でも、自分でしっかり管理しながら交換時期を考えている人は少ないのではないでしょうか?

殆どの方は、車検や点検時に合わせて交換したり、行きつけのガソリンスタンドなんかで

「ぼちぼちオイル交換した方がいいですよ」

と言われて交換するのではないでしょうか?

今回は、一体どれくらいのタイミングでエンジンオイルを交換するのが良いのか?そんな疑問について考えてみました。

スポンサーリンク
Sponsored Link

エンジンオイルとは

自動車学校で習ったと思いますが、そもそもエンジンオイルって何なのか?について、もう一度おさらいしておきましょう。

エンジンオイルの役割

エンジンオイルの役割には

  • 潤滑
  • 冷却
  • 気密保持
  • 清浄分散
  • 防錆防蝕

があります。

潤滑

通常のレシプロエンジンは金属製であり、動力を発生させるシリンダーやピストンも金属製です。これらが高速で擦れ合うことによる高い摩擦によって金属の摩耗やエンジンの発熱が起こります。

この摩擦を軽減するのが潤滑の役割であり、エンジンオイルのことを潤滑油と呼ぶこともあります。

冷却

エンジンオイルがエンジン内を循環する際に、発生した熱を奪って冷却してくれる作用があります。エンジンの冷却は、別途水冷や空冷などの仕組みが備えられていますが、それらと組み合わさって、エンジン内部から冷却する重要な役割となります。

気密保持

気密保持とは、シリンダーとピストンの間にある隙間を埋めると言うことです。通常、シリンダーとピストンは完全に密着しているわけではなく、熱膨張や稼働させるために必要な隙間があります。しかし、この隙間が大きいと空気をしっかり圧縮できなくなるなど、本来の性能が発揮できなくなります。

それを防ぐためにシリンダー内に薄い油膜を作り、ピストンとシリンダーを油膜で密着させることで気密性を保つように働くのです。

清浄分散

清浄分散とは、簡単に言えばエンジン内をキレイにする作用のことです。

エンジンは燃焼によって汚れが発生します。その汚れを取り込んで分散させたり、オイルフィルターで除去したりすることで、エンジンの汚れを抑制してくれます。

防錆防蝕

燃料は燃焼によって水分を生じます。また、エンジン内外の気温差による結露によって内部に水分が発生することがあり、それが原因で錆や腐食を発生させることがあります。

エンジンオイルはこのような結露などによる錆や腐食も防ぐ効果があります。

定期交換が必要なもの

以上の役割を見ても、エンジンオイルの重要性がよく理解できます。また、エンジン内部の汚れを取り込むことでオイル自体が汚れてしまうこともわかったので、当然一定期間毎に交換が必要なものであることは理解できました。

それでは、その一定期間ってどれくらいの期間なのでしょう?

メーカー推奨の交換時期

まずは、自動車メーカーが推奨しているエンジンオイルの交換時期を調べてみました。

トヨタ自動車

■オイル交換推奨値

交換時期 シビアコンディション※の
場合の交換時期
ガソリン車 15,000km
1年
7,500km
6ヶ月
ガソリンターボ車 5,000km
6ヶ月
2,500km
3ヶ月
ディーゼル車 5,000〜20,000km
6ヶ月〜1年
2,500〜10,000km
3ヶ月〜1年

※:シビアコンディションとは、

  • 商業車として、酷使されている ・発進・停止の繰り返しが多い ・アイドリングでの待機が多い
  • 未舗装路や、凸凹路、砂利道、雪道、空気の汚れた場所での使用が多い
  • 山道、登降坂路の頻繁な走行・高地走行(標高2,000m以上)が多い
  • 低速走行の繰り返し

日産自動車

■オイル交換推奨値

5,000Km走行ごと または 6か月ごと

出典:日産自動車HP

ホンダ自動車

■オイル交換推奨値

標準的な使用 シビアコンディション
ウルトラNEXT、ウルトラGreen、
ウルトラLEO推奨車
15,000kmまたは12ヶ月ごと 7,500kmまたは6ヶ月ごと
ターボ車 5,000kmまたは6ヶ月ごと
上記以外 10,000kmまたは12ヶ月ごと 5,000kmまたは6ヶ月ごと

※車種や車の使用状況によって条件が異なりますので、詳しくはメンテナンスノートをご覧ください。

※使用状況により劣化の状態は変わりますので早めの交換をおすすめします。

※詳しくは、Honda販売店にお問い合わせください。

出典:ホンダ自動車HP

マツダ自動車

■オイル交換推奨値

車両タイプ シビアコンディション ノーマルコンディション
下記以外の乗用車 6ヵ月(7,500km) 12ヵ月(15,000km)
乗用車 DISIターボ 3ヵ月(5,000km) 6ヵ月(10,000km)
乗用車 ロータリーエンジン 6ヵ月(5,000km) 12ヵ月(10,000km)
乗用車 ディーゼルエンジン 6ヵ月(5,000km) 12ヵ月(10,000km)
軽自動車 ターボ無 3ヵ月(5,000km) 6ヵ月(10,000km)
軽自動車 ターボ 3ヵ月(2,500km) 6ヵ月(5,000km)

※オイルは距離を走っていなくても時間の経過とともに酸化します。どちらか早い方で交換をされることをおすすめします。

※シビアコンディションとは
シビアコンディションとは、マツダが指定する「クルマにとって負担が大きい」使われ方を意味しています。下記例のどれか一つでも当てはまる場合は、「シビアコンディション」となります。

<例1.走行距離が多い(年間2万km以上)>
営業車として広範囲にクルマで活動するなど、走行距離が多い。
<例2.短距離走行の繰り返し(8km以内/1回)>
ほぼ毎日、主に家から10分程度の所へのお買い物や送り迎え、勤め先への往復に使う。
<例3.低速走行やアイドリング状態が多い>
渋滞や、市街地などでの信号による停車が多い。
<例4.山道、登降坂路の頻繁な走行>
家の近くや普段の通り道で坂道の登り下りが多く、ブレーキを頻繁に使う。
<例5.悪路の頻繁な走行>
凸凹路、砂利道、雪道など、運転していて衝撃を感じたり、クルマの下回りに石や砂があたったり、砂埃などでボディーが汚れるような所をよく走る。

出典:マツダ自動車HP

スバル自動車

■オイル交換推奨値

約1年、または約10,000kmごと
(理想では約6か月または、約5,000kmごとのどちらか早い方で実施)

出典:スバル自動車HP

スズキ自動車

■オイル交換推奨値

通常 シビアコンディション
NA 6か月もしくは1万キロ 3か月もしくは5千キロ
ターボ車 6か月もしくは5千キロ 3か月もしくは2500キロ

シビアコンディションとは

  1. 悪路の走行が距離の30%以上の場合
  2. 走行距離が多い(年2万キロ) ←和田はこれです
  3. 山道や登坂が距離の30%以上の場合 ←これも和田はあやしいです
  4. 短距離走行が多い場合(1回の走行が8キロ以下)

出典:スズキアリーナ湘南ひらつかHP

ダイハツ自動車

■オイル交換推奨値

軽自動車の場合

通常 シビアコンディション
NA 10,000Kmまたは6か月 5,000Kmまたは6か月
ターボ車 5,000Kmまたは6か月 2,500Kmまたは6か月

エンジンオイルの交換2回に1回はオイルフィルターの交換をおすすめします。

※シビアコンディション:悪路走行が多い、走行距離が多い、山道など上り下りの頻繁な走行などの過酷な条件でご使用の場合。

出典:ダイハツ自動車HP

一般で言われている推奨値

メーカー各社のオイル交換推奨値を見ましたが、やはり各社それぞれに値を設定しています。ターボ車などの過給機付エンジンの場合はどこも通常より早く交換することを推奨していますし、シビアコンディションと呼ばれる使用状況でも通常の半分くらいの期間で交換することを推奨していました。

これらをまとめた形での一般的な推奨値として、日本自動車連盟(JAF)のQ&Aに一覧表が載っていましたので転載します。

車種 交換のめやす シビアコンディション※
ガソリン車 1万5,000km、または1年 7,500km、または6ヵ月
軽自動車(ガソリン車) 1万5,000km、または1年 7,500km、または6ヵ月
ガソリンターボ車 5,000km、または6ヵ月 2,500km、または3ヵ月
軽自動車(ターボ車) 5,000km、または6ヵ月 2,500km、または3ヵ月
ディーゼル/
ディーゼルターボ車
1万km、または1年 6,000km、または6ヵ月

※シビアコンディション:
悪路走行が多い、走行距離が多い、山道な上り下りの頻繁な走行など

出典:日本自動車連盟(JAF)

そもそもの交換基準

エンジンオイルの役割は冒頭に説明したとおりですが、エンジンオイルが古くなったり汚れたりした場合でも、最近の車では

なかなかオイルによる不具合が表面化しない

と感じています。長い距離を走ったり、エンジンをそれなりに使えば当然エンジンオイルは汚れますし、場合によっては量も減ってきます。しかし、だからと言って何も不都合は感じないためにエンジンオイルの交換時期を決めるのが難しいと感じているのが本音ではないでしょうか?

エンジンオイル未交換によるトラブル

そこで、もしエンジンオイルを交換しなかった場合にどうなるか?を考えてみましょう。

エンジンオイルの役割には

  • 潤滑
  • 冷却
  • 気密保持
  • 清浄分散
  • 防錆防蝕

がありましたよね?これらがダメになる(効果がなくなってくる)わけなので、それによってダメージを受けるものとは何でしょうか?

そうです。車の心臓部でもあるエンジンそのものがダメージを受けます。

その場合、エンジンを分解して修理することが可能な場合でも工賃などの費用は50万円くらいかかるそうです。

最悪の場合は、エンジンが焼き付いてしまい交換する必要が出てきます。そうなると、中古のエンジンを探して安く上げたとしても数十万単位になります。新品交換となると、もはや車を買い替えた方がいいのでは?と言うくらいの出費になります。

判断基準

これまでのことを考えた上での個人的な結論としては

メーカー推奨値で交換するのが一番無難である

と言うことになりました。

自覚症状がないことの方が多い(むしろ自覚症状があったら手遅れかも?)エンジンオイルの劣化具合についてあれこれ神経を使うよりも、何も考えずにメーカー推奨の期間や距離で交換する方が結果的には車にとっても良いのではないでしょうか?

下手に交換時期を自分で考えてトラぶってしまったことを考えると、その出費たるや泣くに泣けなくなります。

まとめ

エンジンオイルはエンジンを守る重要な役割を担っているオイルです。これは、一定期間毎の交換が必要ですが、基準は車やメーカーによってまちまちです。

しかし、万一オイル交換時期の失敗によってエンジンに異常が出た場合は相当な金額の費用がかかることになりますので、自分基準ではなく、メーカー推奨基準(もしくはJAFなどの機関が推奨している基準)で交換するのが無難な方法であると言えるのではないでしょうか?

オイルはエンジンの血液のようなものです。ケチらずに適切な時期に交換して、安全で快適なカーライフを送りましょう!!

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!