車の冷却水って何?メンテや交換時期と水じゃダメな理由も

車には様々な役割の部品が付いています。

その中でも重要なのが冷却水です。冷却水と聞いてピンと来ない方もいるかもしれませんが

ラジエター液

と聞くと何となく「ああっ」ってなるんじゃないでしょうか?

名前の通りエンジンを冷やす役割の冷却水ですが、その役割とメンテナンス方法について考えてみました。

スポンサーリンク
Sponsored Link

冷却水の役割

車の冷却水。呼び方は幾つかあって

  • 冷却水
  • ラジエター液
  • クーラント液
  • 不凍液

などとも呼ばれますが、私個人としてはラジエター液と言う呼び方になじみがあります。それでは、その役割は何なのでしょう?

エンジンを冷やすのが最大の役割

冷却水の役割はズバリ

エンジンを冷やすこと

です。エンジンを冷やすと言えば、エンジンオイルもそんな役目がありました。

エンジンオイルの交換時期っていつ?判断基準とメーカー推奨値も

ですが、冷却水の場合は

エンジン全体を冷やすこと

が最大の役割となります。

エンジンは金属でできていますが、内部ではシリンダーとピストンの摩擦やガソリンの爆発(燃焼)などの熱によって高温になってしまいます。これを放置するとどんどん温度が上がり続けて、いずれは熱による変形などが起き、エンジンが使えなくなってしまいます。このような状態を

オーバーヒート

と言いますが、それを防ぐために冷却水がエンジンの内部を通って冷やした後で、ラジエターによって熱を帯びた冷却水が冷やされてから、再びエンジンへ送られて冷却する・・・と言う循環構造になっています。

画像出典:日本自動車連盟(JAF)

ラジエターは車の前方に取り付けられており、走行中は空気が通ります。その空気によって冷却水の温度を下げる働きをします。それでも足りない場合はラジエターファンが回転して、強制的に空気を送り込んで冷却する仕組みになっています。

凍結防止

冷却水は「不凍液」とも呼ばれることから、冷却水自体を凍らせないと言う役割もあります。エンジンを冷却する重要な役割を担っている訳ですから、万一凍ってしまうと冷やすことができなくなってしまいます。

「凍ってもエンジンが温まればとけるから大丈夫なのでは?」

と思うかもしれませんが、それは違います。

冷却水が通るパイプは金属製で細いものなので、万一凍ってしまうと体積が増えるのでパイプが破裂したり亀裂が起きたりします。冬場に水道管が凍ってしまうような感じですね。

冷却経路の錆を防止

冷却水には冷却経路(パイプなど)の錆を防止する役割もあります。

冷却経路には、鉄や真鍮、アルミニウムなどの金属が使われています。このような素材で温度の変化が激しい環境ですので、錆には気を使うのです。万一、これら冷却経路で錆が発生してしまった場合、ラジエターのパイプが詰まったり、腐食によって穴が開いたりしてしまい、結果的には冷却効果が低下してオーバーヒートしてしまう・・・と言うことにつながってしまいます。

冷却水のメンテナンス

冷却水のメンテナンスはどのようにすれば良いのでしょうか?

日常のメンテナンス

まず、冷却水のある場所ですが

ボンネット(エンジンルーム)の中

にあります。リザーバータンクという半透明のプラスチック容器です。

ラジエターのキャップから出ているホースとつながっています。タンクのキャップには「冷却水」とか「COOLTANK」などと書かれているのですぐにわかるでしょう。

日常のお手入れに関しては

  • 冷却水の量の確認
  • 冷却水の色の確認

が主な内容になります。

確認時の注意

冷却水の点検や確認を行う際には、必ずエンジンを切って一定時間置いた状態で行ってください。冷却水は高温になっています。温度が下がっていることを水温計で確認してから行うのが良いでしょう。

冷却水の量

冷却水の量を確認します。タンクに書かれている上限(Full、Maxなど)と下限(Low、Minなど)の間にあれば良いです。下限に近い場合は補充する必要があります。また、極端に量が減ったり、短期間に減る場合は液漏れなどのトラブルが考えられます。ディーラーや整備工場などで見てもらう必要があります。

冷却水の色

冷却水の色を確認します。商品によって緑や赤などに着色されていますが、新品時の色よりもあきらかにくすんでいる場合は冷却水が劣化している可能性があります。補充や交換が必要でしょう。

冷却水の交換時期

冷却水も一定期間毎に交換することが必要です。劣化している場合はもちろんですが、そうでなくてもある程度働いた冷却水は本来の性能が大幅に低下している可能性があります。

一般的に冷却水の交換時期は

2年で交換することが望ましい

とされています。

冷却水はエチレングリコーレンと言う成分が主となっていて、経年によって酸化や劣化が進むとされます。

2年と言えば新車時を除き車検と同じサイクルになりますので、車検の時に交換するのが一番良い方法と言えるでしょう。

ただし、使用頻度が高い車の場合はそれ以前に交換する必要があるので注意してください。

水じゃダメなの

冷却水は専用の液体を使わなければダメなのでしょうか?エンジンを冷やすことができればいいわけですから、水でも良いような気がしますが・・・。

答えは

水だけではダメ

なのです。

理由には、冷却水の持つ役割がそのまま当てはまります。

冷却水に水だけを使うと冷却効果は期待できますが、錆たり凍ったりするリスクがあります。また、水道水などを使うとカルキなどが冷却経路に付着して詰まらせてしまったりと、別のトラブルを誘発しかねません。

応急的な場合(冷却水が減ってしまい補充できないケース)を除いては、水だけを冷却水に用いるのは止めましょう。

やはり専用の商品を使うことが大切ですし、何より安心ですよね!

まとめ

冷却水は車の心臓部であるエンジンを冷やすための重要な役割を担っていることがわかりました。また、日頃からメンテナンスすることによってトラブルを避けることができ、その方法も基本的には

  • 冷却水の量の確認
  • 冷却水の色の確認

程度で済みますので簡単にできることもわかりました。

交換時期は2年なので、車検時に行えば手間も時間もかかりません。

交換作業は自分でもできるそうですが、基本的にはディーラーや整備工場などにお願いするのが無難でしょう。

なお、水を冷却水代わりに使うのは止めましょう。僅かな費用をケチっても、あまり得することはなさそうですから。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!