車の内気循環と外気導入の使い分けは?メリットやデメリットも

車の空調パネルには内気循環と外気導入の切り替えスイッチがあります。

普段は特に意識せずに「なんとなく」使っていることが多いと思いますが、これにもちゃんとした意味や役割があります。

今回は、そんな空調に関することを考えてみます。

スポンサーリンク
Sponsored Link

内気循環と外気導入

内気循環と外気導入・・・。

言葉で意味は何となくわかりますが、車の空調パネルにはこんなマークで示されています。

車のマークの内部を回るような矢印が書かれているマークが内気循環です。

車のマークの外から中へ矢印が書かれているマークが外気導入です。

内気循環

言葉のとおり、車の内部で空気を循環させる方法です。こちらを選択すると外気を取り入れるための口(車の前方に取り付けられています)を塞ぎます。これにより、外気を取り入れないようにしているのです。

しかし、実際には完全に外気を遮断しているのではなく、一定の範囲で外気は車内に入ってきます。完全に密閉できるわけではありません。

外気導入

外気導入は、外気を取り入れる口を開いている状態です。車の中には外気取り入れ口から常に外気が入ってくることになります。

使い分けはどうすればいい

内気循環と外気導入ですが、どのように使い分ければ良いのでしょうか?

通常は外気導入

車の取り扱い説明書などを見ると、通常は

外気導入を使用

することが推奨されています。私も普段は外気導入で運転しています。あなたは普段どうしていますか?

内気循環はいつ使う

普段は外気導入を使うのならば、内気循環はいつ使うのでしょう?

最も多いケースとしては

  • エアコンを使っている場合
  • 暖房を使っている場合

などでしょう。車内の温度をコントロールしている時に、外気導入にしてしまうと

常に外気が車内に入ってくるので、室温をコントロールしにくくなる

と言う弊害があります。家の部屋で冷房や暖房をかけているのに窓を開ける人はいませんよね?それと同じで、外気を導入すれば、夏は外の熱い空気が入ってくることになりますし、冬は冷たい空気が入ってくることになります。それによって、車内が冷えにくかったり温まりにくかったりしてしまうのです。

外気導入で使う機能もある

車によっては

この位置は外気導入で使ってください

と指定しているものもあります。

デフロスターを使う場合ですね。

ちなみにデフロスターと言うのは

フロントガラス下部から空気を噴出する機能

です。役割としては

  1. フロントガラスの曇りを素早く除去することができる
  2. 冬場などは暖かい空気をフロントガラスに当てることで凍ったガラス面をとかすことができる

などがありますが、主な使用目的は1番でしょう。

その際、外気導入で使ってくれ!!と写真の車では言っているのですね。

車のフロントガラスが曇るのは

外気よりも内気の方が暖かいので、冷たいガラスに触れることで水滴となってしまう

から起こります。また、湿度が高いので結露しやすいとも言えますので、外気を入れて室温を下げること、湿度を下げることで曇りが解消できます。最も、簡単な曇り解消はエアコンをONにしてデフロスターを使うことですが。

メリットやデメリット

それでは、内気循環と外気導入のメリットやデメリットを見てみましょう。

内気循環のメリット

メリットとして「冷房や暖房が効きやすい」と言うのは先に触れた通りなのですが、それ以外には次のようなメリットがあります。

排気ガスなどが入ってこない

トンネルなどを走行した場合などで顕著になりますが、排気ガスが車内に入ってきてニオイが気になってしまうことってありませんか?

こんな場合は予め内気循環にしておけば、排気ガスの侵入を防ぐことができます。

排気ガスだけでなく、外部の気になるニオイなどを遮断したい場合は内気循環を使うことで快適に走行することができるようになります。

花粉や埃が入ってこない

花粉症の方も多いのではないでしょうか?

そんな方ならば、外部の花粉をシャットアウトするために内気循環を使うことをおススメします。完全に遮断することはできませんが、外気導入で走行するよりは全然マシだと思います。

埃についても同様です。

燃費が良くなる

エアコンを使う場合なのですが、内気循環を使えば効率が上がるとお伝えしました。それに関する効果として燃費が良くなると言えるでしょう。

外気導入の場合だと、なかなか車内の温度が下がらないためにエアコンのパワーを使うことになります。すなわち、エンジンへの負荷も上がるので燃費が悪くなる・・・と言うことになるのです。

ですので、エアコンを使う場合には内気循環が良いわけですね。

外気導入のメリット

それでは、外気導入のメリットを見てみましょう。

常に新鮮な空気

常に外気を取り入れているので、いつもで新鮮な空気が車内に入ってくることになります。従って換気する必要はありません。ですので、通常は外気導入を使うことが推奨されているのでしょうね。

ガラスが曇りにくい

外気導入を使っていれば、車内は外気に近くなります。人の呼吸による湿度の上昇なども最小限に抑えられるので、ガラスが曇ることを防ぐことができます。

ただし、大勢の人が乗車している場合は換気が追い付かないので曇ってしまう場合もあります。

酸素濃度の低下を防止

内気循環の場合ですと、外気の取入れがかなり制限されます。車内の空気だけで呼吸をすることになりますので、やがて車内の酸素濃度は下がってきます。そうなると、眠気をもよおしたり気分が悪くなったりします。

そんな場合には換気することが大事なのですが、外気導入を使っていればその必要がない・・・と言うわけです。

とは言え、夏場や冬場などは内気循環を使いたいので、こまめに窓を開けるとか外気導入に切り替えることで換気を行えば問題はありませんけどね。

カビなどを防止

常に新鮮な空気を取り入れることで、車内でのカビなどを抑えられる効果が期待できます。エアコン内部のカビなども抑えることができます。

まぁ、これは外気導入だけに頼るような話ではありませんが、そのような傾向であると言う程度の話かと個人的には思いますが・・・。

デメリット

内気循環と外気導入はそれぞれが相対するお話ですので、それぞれのメリットがそれぞれのデメリットと読み替えていただければ良いのではないかと思っております。

まとめ

内気循環と外気導入。どちらが良いとは一概に言えませんが、少なくともメーカー推奨は

普段は外気導入を使う

と言うことでした。内気循環も外気導入もそれぞれに使うシチュエーションがありますので、それに合わせてこまめに切り替えるのがベストだろうと思います。

ですが、ほとんどのケースでは外気導入で十分だと思いますし、冷房や暖房を使う場合や花粉やニオイに敏感な方などは臨機応変に内気循環を切り替えて使えばよろしいかと思います。

車内の空気環境は、ドライブ時の気分を左右する重要なことです。気分爽快に運転するためにも、内気循環と外気導入の役割を理解して使い分けをしたいですね。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!