バック駐車がルール?日本で前向き駐車が少ない理由

車で出かけると必ず駐車場に入って車を停めることになります。その場合

ほとんどの車がバック駐車

していますよね?

聞くところによると、欧米などでは前向き駐車が主流らしいのですが、日本ではバック駐車が主流です。この違いは何から来るのでしょう?

今回は、そんな日本の駐車事情について考えてみました。

スポンサーリンク
Sponsored Link

日本の駐車事情

日本では、駐車場で比較的整然と車がバック駐車で並べられているイメージですが、それは日本人が几帳面で真面目だからだとも言われます。

また、狭い国土の中で大量の車が走っている中、駐車スペースを上手に活用するためにもバック駐車が都合が良いとも言われていますが、果たしてそれは本当なのでしょうか?

バック駐車がルールなのか

日本では、まるでバック駐車がルールであるかのように、ほぼ全ての車がバックで駐車しています。しかし、一部の駐車場を除いては明示的にバック駐車をするような指示などはありませんので、ルールではなさそうです。実際、私も多くの駐車場に車を停めたことがありますが

バック駐車でお願いします

と指示されていたことは少ない印象です。

※ただ、指示している駐車場は存在します

ですので、バック駐車が日本のルールであるといは言い切れません。

バック駐車が多い理由

それでは、どうしてこんなにバック駐車が多いのでしょう?

それには必ず理由があるはずです。

駐車場が狭い

欧米などでは前向き駐車(ヘッドインパーキング)が主流だと言いましたが、日本でバック駐車が主流になっている理由の一つとして

駐車場が狭い

ことが挙げられます。駐車場自体もそうですし、1台あたりの駐車区画(スペース)もそうです。特に、古い駐車場(昭和の頃に作られた立体駐車場)などは特に顕著に感じます。

車のサイズ自体がその当時と現在とでは違いますが、そもそも止める区画もスペースも狭い日本においては、区画に頭から車を突っ込んでも上手く駐車することは逆に難しい行為となります。なぜなら、前向き駐車をするってことは、前輪を操作して区画に入れることになりますが、内輪差によって隣の区画に車が触れてしまうことになるので、入れること自体が困難になるからです。

※図の左が前向き駐車、右がバック駐車の例と考えてください

そんな場合にバック駐車が威力を発揮します。動かない後輪が基軸となり、操舵輪である前輪が後から追随する形になるバック駐車は狭い場所での操作性に優れた方法だと言えます。

教習所で指導されるため

車の運転免許を取得する際、みなさんは自動車学校(教習所)に入って練習されたことと思います。日本の自動車教習には必ず

車庫入れ

と言うテクニックがあります。

車庫を模ったポールに対して、車をバックで入れる練習をたくさんした経験はありませんか?

また、教習所では縦列駐車も学びますね。これもバックで駐車します。

このように、車を運転するために訓練した内容が

バック駐車

である日本の場合、これがスタンダードであると無意識のうちに刷り込まれているのかもしれません。何しろ学校で習った内容ですからね。これが一番正しいと考えてしまうのはある意味仕方ないと言えるかもしれません。

それもあって、日本のドライバーは駐車の枠線に車を平行且つ一定間隔空けて止める超几帳面駐車をする方が多いのかもしれません。

車止めがバック駐車を促している

最近では必ずしもそうとは言えませんが、日本の駐車場では車止めが付いている駐車場がとても多いです。車止めと言うのはもともと

バック駐車の際に停止位置後方に存在する車や構造物などに接触させないように強制的に停止させるもの

であると言えます。

ですので、車止めがある駐車場では反射的?にバック駐車で停めてしまうドライバーが多いと言えるのかもしれません。

素早く出られる

バック駐車は入れる際に大変な手間がかかる方法だと言えますが、逆を言えば

素早く出られる

方法であるとも言えます。面倒なことは先にやっておいて、後はラクをする・・・みたいな感じでしょうか?

確かに、個人的な感覚から言っても駐車場に停めている時にモタモタされるよりも、例えば前向き駐車で出るときにモタモタされた方がイライラしてしまう気がします。

「最初からバックで入れとけよ!!(怒)」

って思ってしまいます。

そんな意味でも、これは日本人に合った方法なのかもしれませんね。

前向き駐車はダメなのか

では、日本において前向き駐車がダメなのか?と言えば、もちろんそんなことはありません。

駐車場によっては

前向き駐車を指示している場合

もあります。

コンビニなどの場合では、店側に排気ガスの出る車の後部が向くのは好ましくないと考えられており、特にコンビニ利用者への配慮として前向き駐車が指定されています。

また、会社や施設などの駐車場では、花壇などの植物に排気ガスがかかることを嫌って前向き駐車を指定しているところもあります。

防犯対策にもなる

前向き駐車を行うと、出るときに必ずバックしなければなりません。

車が盗難された場合(特にコンビニの駐車場など)、犯人が逃げるには車を一旦バックさせて駐車スペースから出て逃走することになりますが、このバックに手間がかかって捕まってしまう可能性があります。ですので、防犯効果があると言われています。

※エンジンかけっぱなしでコンビニ利用はダメですよ 違反です!知らずにやってしまいがちな道路交通法5選

まとめ

日本においてバック駐車が主流なのは、調べてみて

自動車学校(教習所)で習うから

と言うのが一番説得力がある気がします。もちろん、日本の駐車場が狭いのはわかりますが、むしろそのような環境だからこそ、自動車学校(教習所)ではバック駐車を教えていると言えるのではないでしょうか?

個人的には前向きだろうとバックだろうとどちらでも良いのですが、みなさんが安全に素早く駐車できる方法を選べば良いのではないでしょうか?最近の車はバックモニターで後も細かく見えますし、頭上から見たようなモニターで自動駐車してくれるものもありますので、もはやドライバーのスキルとは言えなくなってきましたが・・・。

少なくとも、自力でバック駐車はできるようになっておきましょう。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!