暖気運転の必要性って?その意味と正しい方法とは?

冬の寒い時期になると、朝出勤するために車のエンジンをかける

暖気運転(だんきうんてん)

を行っている方も多いんじゃないかと思います。かく言う私も暖気運転やってます。

でも、いろいろ聞くところによると

今の車は暖気運転は必要ない

らしいんですけど、もし必要ないとしてエンジンが温まるまで暖気運転をすることってどんな影響があるんでしょうか?

スポンサーリンク
Sponsored Link

暖気運転

そもそも暖気運転とはどんな意味があって行うことなんでしょうか?

Wikiによると

暖機運転(だんきうんてん)とは、機械を始動した直後などに低負荷での運転を一定時間行うことをいう。単に「暖機」と呼ばれることもある。機械用語の一つであるが、自動車やオートバイ等を運用(運転)する際にも必要な知識の一つであることから、比較的一般的な用語でもある。

と言うことらしいです。その目的は

低負荷での運転により機械の構成部品同士の馴染みを促がし、各部の働きを滑らかかつ確実にするのが目的である。低回転低負荷の運転により、潤滑油を各部へ行き渡らせたり、機械が本来の性能を発揮できる状態になるように部品同士の間隙(クリアランス)を適正な状態へ導くこと、などを目的とする。

となっています。機械部品が正常に動作するように、潤滑油などを行き渡らせたりするのが本来の持つ目的なんですね。

車の暖気運転

しかし、現在私たちが「暖気運転」と言っているのは若干意味合いが違う気がしますね。本来の意味も当然含まれるのでしょうが、それ以上に

  • エンジンを温める
  • 車(車内)を暖める

と言うのが目的のような気がします。

特に、寒い冬の朝であれば車のフロントガラスが凍っていたりする場合もありますし、車内のガラスが曇っている場合もあります。それらを暖気運転によって車内に暖房を入れて解消すると言う目的が大きいのかな?と思います。

暖気運転は必要か

これまでの流れから

本来の意味で言う暖気運転は必要なのか?

と言えば、妥当な答えとしては

特に暖気運転をしなくても今の車は普通に走ることができます

となることでしょう。

それほど、今の車はよくできていると言えます。

特に、メカだけでなくコンピューター化された今の車は様々な制御をコンピュータが行っています。昔の車のようにメカ的な機構に頼っている部分も少なくなり、また、車を製造する加工技術の向上によって、部品の精密さが向上していることもあり、暖気運転などしなくても、正常に動作するのですね。

とは言え、キンキンに冷えた冬の朝にいきなりエンジンをかけ、アクセルを目一杯踏み込んで急発進・・・なんて乱暴な操作は現在の車と言えども悪影響になることは間違いありません。

急な操作は避けるのが、どんな場合でも必要なことなのでしょうね。

正しい暖気運転

暖気運転が必要ないとは言うものの、私のように寒い朝に車の中を暖めたいと思っている方も多いことでしょう。その際の、いわゆる

正しい暖気運転のしかた

とはどういうものなのかを考えてみましょう。

本来のあるべき暖気運転

機械的な目的の本来あるべき暖気運転の方法は

  • 本来の暖気運転と言う意味で言えば
  • エンジン始動後にすぐ走り始めても大丈夫
  • 急発進や急加速、急ハンドルなどの急な操作は厳禁
  • 普通に走りながら暖気運転を行う
  • エンジン以外の駆動系パーツも温まり、本来の暖気運転を完了できる

となります。

やはり、停止してエンジンをかけておくだけでは、駆動系(特にタイヤなどの車輪周辺)が温まることはありません。走りながら暖気運転を行うのが正しい方法のようです。

アイドリングで一定時間

一方、車内を暖房したいとか、曇りを取りたいとか、別の意味での暖気運転の場合は正しいやり方などは存在しないようです。単に

車内が自分の目的の状態になるまでアイドリング状態にしておく

とでも言いましょうか?

この場合、単にエンジンをかけっぱなしにしているだけなので、アイドリング中とはいえ

  • ガソリンを使っている
  • 排気ガスを撒き散らしている
  • エンジン音による騒音を発生させている

と言うデメリットもあります。ご近所さんに

○○さんは、いつも朝になると長い時間車にエンジンをかけて放置しているから迷惑

なんて言われないようにだけ、注意しなくてはいけませんね。

まとめ

調べた結果、やはり今の車はとてもよくできているのか

暖気運転は必要ない

と言えるようです。ただし、それでもやらないよりはやった方が良いので

走りながら暖気運転を行う

と言うのが正しい方法になると言えます。

車内を暖めたりするのは暖気運転とは別のものであって、行う場合はご近所などへの影響も考えておく必要があると言うことですかね。

私は車内暖め運転をやりますけど、近所迷惑も考えてなるべく最小限度にしたいと思います。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!