道路のセンターラインの意味は?これを知っていれば大丈夫!

車を運転していると、様々な道路に直面します。

特に、道路上に引かれているセンターラインなんかは、実線だったり破線だったり、色も白だったり黄色だったりで

「自動車学校で習ったはずなんだけど自信がないな~」

ってことを感じている方もいるのではないでしょうか?

今回は、そんな迷いやすい道路のセンターラインについて考えてみました。

スポンサーリンク
Sponsored Link

センターライン

センターラインとは、直訳すると中央線になります。まさに読んで字のごとくですが、意味としては

道路の中央を意味し、通行区分の右側と左側を分けるものである

とされています。より簡単に言えば

センターラインの向こう側は反対車線である

と言うことです。

センターラインの種類

センターラインには幾つかの種類がありますが、基本的には次の3つになります。

白い破線

よく見かけるセンターラインになります。意味としては

センターラインを越えて追い越しをしても良い

と言うことになります。ただし、他の規制によって追い越しを禁止しているケースもありますので注意してください。

線が破れているので、そこからはみ出しても良いと覚えておけば良いでしょう。

ちなみに、白の破線は片側車線の幅が6メートル未満の道路に引かれます。

白い実線

これもよく見かけますよね。意味としては

センターラインから反対車線へはみ出してはいけない

と言うことになります。ですので、実線の場合は見えない壁があると思って跨いだりすることはできないと覚えてください。

白の実線は片側車線の幅が6メートル以上の道路に引かれます。

黄色(オレンジ)の実線

これもよく見かけるセンターラインです。意味としては

センターラインから右側車線へはみ出しての追い越し禁止

と言うことになります。意味としては白の実線と基本的には同じですが、追い越し禁止と明示的に指定されている点が違います。

これも実線ですので、基本的には見えない壁があると思ってはみだしできないと覚えてください。

ただ、追い越し禁止と言ってはいますが、はみ出さなければ追い越してもOKです。例えば原付やバイクなどが左側を走行している場合などでは、車線からはみ出さないで追い越すことが可能であれば問題なく追い越しができます。

2種類以上の組み合わせの場合

これまで見てきた3種類の線が基本になりますが、中にはそれらを組み合わせた道路も存在します。

そんな場合の解釈はどうなるのでしょうか?

自分の車線側の線が適用される

答えは簡単で

自分が走行している車線側に引かれている線が適用される

と覚えてください。例えば、自分の側が白の破線で反対車線側が黄色の実線である場合、自分は白の破線が適用されますので、はみ出したり追い越したりすることができます。

しかし、反対車線は黄色の実線が適用されますので、はみ出しての追い越しは禁止となるのです。

センターラインと車線

ここまではセンターライン(中央線)と言う意味で解説してきましたが、実際には車線を表す線も同じように使われているケースがあります。(交差点付近など)

そんな場合においても、基本的な意味は先に解説した意味と同じです。交差点付近では、左折専用車線だったり直進専用車線だったりと、それぞれの車線で動きが制約されるケースがあります。そのような車線は白の実線が引かれている場合が多く、その車線に入ってしまったらそこからはみ出したり車線を変更することはできません。

また、片側に複数車線(2車線以上)ある道路の場合でも、車線を区切る線が白の破線の場合と白の実線の場合がありますが、交差点付近の場合と同様に意味は同じになります。

はみ出し禁止でも許されるケース

基本的に実線で引かれている線の意味は

反対車線(もしくは右側車線)にはみだしてはいけない

と言うものでした。しかし、実際に車で走行していると

「そうは言ってもはみ出すしかないよなぁ・・・」

と言ったケースに遭遇することがあります。

路肩に車などが駐車されている場合

片側1車線の道路で、路肩に車が駐車しているケースなどは、仮に白の実線や黄色の実線が引かれている道路であっても、はみ出さなければ避けられない場合は

はみ出しても良い

とされています。

危険回避の場合

また、左側から自転車や人が飛び出してきた場合などでやむを得ず危険を回避する場合にも

はみ出しても良い

とされています。

右折する場合

道路状況にもよりますが、別段右折禁止や横断禁止などの規制が設けられていない道路であれば、仮に白の実線や黄色の実線が引かれている道路であっても、右折するためであれば線をまたいでも構わないことになっています。

センターラインが移動することもある

ところで、交通量の多い片側複数車線の道路では、時間帯によってセンターラインが移動する場合があります。

通勤時間帯などのラッシュ時に、交通量の多くなる車線を増やすなどの効果があり、道路上に中央線を示す標識が掲示されます。この標識が時間によって移動し、現在の中央線を示します。

このような道路もありますので、以前通った時と中央線が変わっている場合があることに注意しましょう。

まとめ

センターラインの意味はわかりましたでしょうか?

基本的には

  • 白の破線
  • 白の実線
  • 黄色の実線

と、その組み合わせによって構成されていることを覚えておきましょう。

また、実線の場合は「はみだしたらダメ」って意味を押さえておきましょう。

何かと迷いやすいですが、基本を理解して安全運転に心掛けましょう。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!