交通違反切符の色による違いの意味は?反則金や行政処分についても

交通違反をしてしまったら取締りを行っている警察官から違反切符を切られます。

その違反切符ですが、違反の内容や度合によって色が違うことをご存知でしょうか?

今回は、あまりお世話になりたくない違反切符の色による違いについて調べてみました。

スポンサーリンク
Sponsored Link

交通違反切符

交通違反切符とは、車や自転車などで道路交通法に違反した際発行される書類になりますが、正式には

  • 告知書
  • 違反告知書
  • 反則告知書

などと呼ばれます。要は

「あなたは○○の違反や反則行為を犯したので告知しますよ」

と言う意味の書類になります。そして、この告知書も違反の内容によって分類されており

  • 白色の告知書(白切符)
  • 青色の告知書(青切符)
  • 赤色の告知書(赤切符)

の3種類が存在します。

白切符

それでは、まず白切符から見ていきましょう。

白切符は、別名「点数切符(てんすうきっぷ)」とも呼ばれており、その理由は

交通違反の点数は定められているが反則金は定められていない違反の場合に発行

される切符、つまり

点数だけ引かれる(加算される)切符

であるからです。

点数だけの処分と言うことから比較的軽微な違反に対する措置となりますが、私個人もシートベルトをしていなくて白切符を切られた記憶がありますが、次のような違反の場合に白切符が切られることになります。

  • チャイルドシート使用義務違反
  • シートベルト装着義務違反
  • ヘルメット装着義務違反
  • 路上駐車
  • 警察官現場指示違反
  • 警察官通行禁止制限違反

これらの場合による違反点数は1点です。

注意しなければいけないのは、チャイルドシートやシートベルトなど

運転者だけでなく同乗者が装着していない場合も違反となる

点です。シートベルトなどは、助手席だけでなく後部座席も装着の義務があります。運転者はそれら同乗者に対しての監督責任がありますので、安全の観点からも必ずシートベルトを装着するようにしましょう。

青切符

青切符は「交通反則告知書」と呼ばれる書類です。白切符と違うのは、点数だけでなく反則金を支払う必要のある違反の場合に切られる切符であると言うことになります。

一般的に、交通違反を犯して切符を切られる場合で最も多いのがこの青切符ではないでしょうか?私も不本意ではありますが、過去にスピード違反や通行区分違反などで切られた経験があります。

刑事責任と行政責任

この青切符では、点数と反則金が科されると言いました。これを正式に説明すると

刑事責任と行政責任を問われる

と言うことになるかと思います。

この場合の行政責任は点数によって負うこととなり、違反の内容に応じた点数が加算されます。また、累積点数によっては「免許の停止」や「免許の取り消し」などの処分が科される場合もあります。これらも行政責任(行政処分)となります。

一方、刑事責任の方は反則金を支払うことで刑事上の責任を果たす(実際には軽い違反の場合には違反を認め、反則金を支払うことで刑事責任を問わない=前科とならない)ことになります。

このような例外を認める制度を

交通反則通告制度

と言い、一般的には青切符によって運用されている制度となります。

反則金を納めない場合

青切符と同時に反則金を納めるための納付書が交付され、定められた期日までに反則金を納めれば刑事責任は問われないのですが、もし反則金を納めなかったらどうなるのでしょう?

その場合は、刑事責任を問うために

刑事手続きに移行

することになります。手続きが進めば裁判所から呼び出しが来ることになります。そして、は裁判となり審理されることになりますので、青切符の例外である反則金での手続きはできなくなります。されに有罪となった場合は罰金の支払いが命ぜられるでしょう。

ただし、違反に対して疑義があったり、裁判によって違反内容について争いたい場合はあえて反則金を納めないケースもありますし、検察官によって「不起訴(起訴猶予)」処分となり裁判をしないケースもあり得ます。

しかし、明らかに自分が違反行為を犯していた場合ならば、素直に反則金を納めた方が時間もお金もかからないで済む手続きとなります。

なお、青切符の違反内容は

  • 30km未満のスピード違反
  • 信号無視
  • 携帯電話使用
  • 通行禁止違反
  • 追い越し違反
  • 放置駐車違反
  • 指定場所一時不停止違反
  • 整備不良
  • 割り込み
  • 無灯火
  • 定員オーバー

などがあります。

赤切符

比較的重い違反に切られるのが赤切符です。

青切符との違いは

  • 点数と行政処分(免許停止や取り消し)などが科される
  • 刑事責任として反則金ではなく罰金が科される

と言うことでしょうか。

この赤切符はいわゆる

一発免停や一発○○

と呼ばれる切符となります。点数としては6点以上が加算される違反に切られます。

青切符にあった反則金ではなく罰金となりますので、刑事手続きがとられることになります。その手続きの流れを簡単に見てみると

赤切符→交通裁判所→略式裁判→有罪確定→懲役や罰金

となります。

略式裁判

交通裁判所で略式裁判が行われます。事前に案内のあった出頭日に交通裁判所へ出向き

三者即日処理方式

と呼ばれる略式裁判(正式には略式手続)による裁判が行わることになります。ここで言う三者とは

  • 警察
  • 検察庁
  • 裁判所

のことです。被疑者(違反者)の同意のもとで略式裁判が行われ、即日結審することになります。このとき「有罪」になれば前科が付くことになります。

もちろん、内容に意義があれば略式ではなく正式な裁判で争うことも可能です。

罰金は高額

赤切符で支払うことになる罰金は、反則金と違い高額になるケースがほとんどです。書類・証拠などの確認ののちに罰金の金額が決定されますが、10万円を超える場合もザラにあるそうですよ。

赤切符の違反

赤切符が切られる違反は

  • 一般道に於ける30km以上のスピード違反
  • 高速道路における40km以上のスピード違反
  • 無免許運転
  • 飲酒運転

などの悪質なものが該当します。また、最近話題のあおり運転なども対象となるでしょう。(あおり運転は犯罪です!強化された罰則と対処法について赤切符では行政処分による免許停止や免許取り消し、刑事罰としての罰金が科されることになり運転者にとって様々な意味で

ダメージが大きい違反

となるので、くれぐれも注意することが必要です。

まとめ

交通違反切符には白切符、青切符、赤切符があり、それぞれが違反の内容や度合に応じて分類されていることがわかりました。簡単にまとめると

白切符 軽微な違反 行政処分 加点のみ
青切符 軽微な違反 行政処分 加点と反則金
赤切符 重度な違反 行政処分 加点
刑事処分 懲役又は罰金

となります。

いずれにしても、日頃から安全運転を心がけて交通ルールを順守していれば関わることはない話だと思います。

これらのことを理解しつつ、違反を犯さないドライバー、模範的なドライバーになっていただきたいと思います。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!