初心者マークはどこに貼る?正しい位置と使い方の豆知識

学生さんたちが卒業する季節になると、あこがれの運転免許証を取得して意気揚々と公道を走る車が増えますよね?

今までチャリや徒歩、公共の交通機関が足だったのが、自分の車で自由に移動できるようになるのは、ホントにうれしいものです。私も思い出しますよ。

さて、そんな免許取得したてのみなさんが車に貼らなければならないのが

初心者マーク

ですよね?

いろいろと決まりもあるので、少し調べてみました。

スポンサーリンク
Sponsored Link

初心者マーク

そもそも、この初心者マークと言うのは日本の道路交通法に基づく標識の一つで「若葉マーク」とも言われますが、正式な名称は

初心運転者標識

と言います。

1972年10月1日から導入され、道路交通法第71条の5第1項で定められています。

(初心運転者標識等の表示義務)
第71条の5 第84条第3項の普通自動車免許を受けた者で、当該普通自動車免許を受けていた期間(当該免許の効力が停止されていた期間を除く。)が通算 して1年に達しないもの(当該免許を受けた日前6月以内に普通自動車免許を受けていたことがある者その他の者で政令で定めるものを除く。)は、内閣府令で 定めるところにより普通自動車の前面及び後面に内閣府令で定める様式の標識を付けないで普通自動車を運転してはならない。

要するに、

普通自動車運転免許証(一種)の取得後1年間はこのマークを表示する義務がありますよ

と言うことです。

初心者マークの貼る位置

道路交通法では、初心者マークの貼る位置も規定されています。その位置は

地上0.4m以上、1.2m以下の位置に前方または後方から見やすいように表示する

とされています。

運転者が免許取得後1年未満であれば、タクシーなどの営業用車両にも表示しなければなりません。

通常は、ボンネットの端っこあたりに1枚と、後ろの窓あたりに1枚貼るとか、ボディに貼るのが多いと思いますし、そのような車をよく見かけます。

要は、この規定の肝である

見やすいように(位置に)表示する

ことが守られていればそれで良いのですが、1点だけ注意すべきことがあります。

吸盤タイプは注意

市販されている初心者マークには2種類あります。

マグネットタイプ

文字通り初心者マークが磁石になっていて、車のボディーにそのままペッタンと貼り付けられます。

吸盤タイプ

初心者マークをガラスなどに貼り付けるための吸盤が付いたタイプです。車内に取り付けるためのものです。

吸盤タイプをフロントガラスに貼るのはダメ

マグネットタイプは問題ないのですが、吸盤タイプを車内のフロントガラスに貼るのは

道路交通法違反

になります。実は、フロントガラスには

  • 車検シール
  • ETCセンサー
  • 透明のTVフィルム

以外を貼ることは禁止されているんです。吸盤タイプの初心者マークはリヤガラス専用ですので、それをフロントガラスに貼れば違法になってしまいます。

初心者マークを車内に貼りたいと思っている方は

  • 外に貼ると盗まれてしまう
  • 高速走行時などで飛んで行ってしまう

なんてことを考えているかもしれません。それもあるかもしれませんが、初心者マークが必要な人は初心者だけですから、盗まれる可能性は低いと思います。また、そこそこの製品ならばマグネットでガッチリくっつくので、風で飛んでいくことも少ないでしょう。

万一、そのようになったとしても、初心者マーク自体はお安いものです。100円ショップにも用意されているので、ケチケチせずにルールを守ってフロントガラスに貼るのは止めましょう。

初心者以外が初心者マークを表示したら

初心者マークは免許取得後1年以内の運転者を示すものです。

実は、初心者マークをつけている運転者にむやみに幅寄せしたり割り込みするなどの行為を禁じている

初心運転者等保護義務

と言うのがあり、不慣れな初心者ドライバーを労わる心優しいルールになっているんです。これに違反すると違反金や反則点数を受けることになります。

だとすれば、初心者マークを貼っておけば他のドライバーに優しくしてもらえるってことになりますよね?

じゃあ、ずっと貼っておけばいいんじゃないか?

って考える人もいますよね。

道路交通法では、初心者マークを免許取得後1年を経過した者が表示することに対して特段の記載はありませんので

貼っていても問題はない

と言うことになります。ただし、実際には初心者ではありませんので、もしも他車から幅寄せや割り込みを受けたとしても、初心運転者等保護義務の適用は受けられませんので悪しからず。

ペーパードライバーの方や、運転に自信がない方などが初心者マークを貼ること自体は問題にはなりません。

罰則

初心者マークを表示するのは義務ですから、これを破ると違反になります。その場合の罰則ですが

  • 反則金:4,000円
  • 違反点数:1点

となります。また、罰則規定は表示する側だけでなく、一般ドライバーが初心者マークの車に対して初心運転者等保護義務違反を犯した場合もあります。

  • 反則金:大型車7、000円・普通車6、000円・二輪車6、000円・原付5、000円
  • 違反点数:1点

となりますのでご注意ください。

初心者マークは何枚貼る

初心者マークは何枚貼れば良いのでしょう。通常であれば

  • 車の前側に1枚
  • 車の後ろ側に1枚

の2枚でこと済みます。ほとんどの方がそうされていると思います。

ただ、中には初心者であることを強調したいとか、アピール精神の旺盛な方もいるかもしれません。そういった場合は

基本的に何枚貼っても良いが、変人扱いされる可能性がある

と言うことは覚えておきましょう。

実は私事ですが、初心者マークを4セット(前4枚、後ろ4枚)貼って検問に行ったことがありました。警官の方に

警察官「初心者マークがたくさん貼ってあるね?」

と聞かれたので

わたし「はい、初心者なので皆さんに注意してもらいたいと思ってたくさん貼りました」

と言ったところ

警察官「うーん、いい心がけだけど、初心者マークは1つ(1セットと言う意味)で良いんだよ!」

と諭されました(笑)。

まとめ

初心者マークは免許取得後1年未満のドライバーが表示しなければならない義務です。

その期間は1年間ですが、それを超えて表示していても違反にはなりません。また、いくつ車に取り付けようが問題にはなりませんが、変人扱いされる危険性があります。

初心者マークの車は周囲の運転者も注意し労わる必要がありますので、誰でも通る道なので優しくしてあげましょう。

それでは、初心者マークのドライバーのみなさん、安全運転を心がけて、運転に慣れてくださいね!

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!